• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ドキュメンタリー映画『おクジラさま ふたつの正義の物語』予告編公開

132949_01_R ドキュメンタリー映画『おクジラさま ふたつの正義の物語』が9月9日(土)より公開されることが決定。予告編が公開された。

 6年の制作期間をかけて、半世紀以上続く「捕鯨論争」に新たな光をあてるドキュメンタリー映画『おクジラさま ふたつの正義の物語』。本作の公開が9月9日(土)に決定した。本作は2010年公開、東京で 25週間のロングランヒットを記録したドキュメンタリー映画『ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人』の佐々木芽生監督による最新ドキュメンタリー。

 解禁された予告編は、本作の舞台・和歌山県東牟婁郡太地町にてさまざまな思いを持つ人々一人ひとりの゙声を拾った映像となっている。映像中盤には、ドキュメンタリー映画『FAKE』の森達也監督のコメントも。

<佐々木芽生監督 コメント>
なぜ日本は、クジラやイルカのことで世界の非難を浴びるのか?その答えを探すために何年も太地に通っていたら、今私たちが、世界が抱えている多くの問題にぶちあたりました。そして知れば知るほど、自分がいかに知らないかに悩みました。問題は、捕鯨やイルカ漁に賛成か、反対かではないのです。なぜ動物を巡って私たちは対立し、憎み合うのか。今世界で起きていること、皆さんの人生に起きていること、どうすれば私たちは分かり合えるのか。そのヒントをこの映画から見つけてもらえればうれしいです。

<ストーリー>
紀伊半島南端に近い、和歌山県太地町。追い込み漁を糾弾した映画『ザ・コーヴ』がアカデミー賞を受賞して以来、この小さな漁師町は世界的論争に巻き込まれた。「くじらの町」として400年の歴史を持つ「誇り」は、シーシェパードを中心とした世界中の活動家たちから集中非難の的となる。ヒートアップする対立が沸点に達しようという2010年秋、佐々木は太地町を訪れる…。そこでカメラは、マスメディアが報じてきた二項対立―捕鯨を守りたい日本人とそれを許さない外国人―という単純な図式ではなく、賛否に縛られない多種多様な意見を捉えていく。歴史・宗教・イデオロギー、自分と相容れない他者との共存は果たして可能なのか?今まさに、世界が直面している「ダイバーシティの危機」を克服するヒントをもたらす映画。

『おクジラさま ふたつの正義の物語』
9月9日(土)より公開

配給:エレファントハウス

公式HP:okujirasama.com

©「おクジラさま」プロジェクトチーム

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える