• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

井浦新「家に帰っても1人でブツブツ…」外交官役で英語を猛特訓

『返還交渉人 ―いつか、沖縄を取り戻す―』 8月12日(土)放送のスペシャルドラマ『返還交渉人 ―いつか、沖縄を取り戻す―』(BSプレミアム)の試写会に、井浦新、戸田菜穂らが登壇した。

 今から45年前にアメリカから日本に返還された沖縄。本作では、当時、沖縄を返還すべくアメリカと戦った外交官・千葉一夫の知られざる外交交渉を、実話を基もとに描写。千葉の原点にあった壮絶な体験と、それを支えた夫婦の愛と絆に迫る。

 制作統括の西浦順一郎は制作のきっかけについて「おととし、沖縄返還についての『NHKスペシャル』を作る際、千葉一夫さんという方が裏で非常に大きな役割を果たしてくださったことが分かって、その後取材を積み重ね、実話に基づいたフィクションとして完成させました」と説明。「沖縄、戦争、アメリカという重いテーマを描きながら人間ドラマに昇華してくださった出演者や制作スタッフの皆さん、そして協力してくださった千葉一夫さんのご家族の皆さんに感謝申し上げたいです」と語った。

 主演の井浦は、演じる千葉について「少しでも千葉さんに近づけるよう、全身全霊をかけて向き合わなきゃいけない役。千葉さんの躍動感、生命感の一点をとにかく表そうと、一生懸命やらせていただきました。1人でも多くの方に、この時代のさまざまなことを知ってもらうきっかけになったら」と、ひと言ずつ言葉をかみしめながら語った。

 撮影では沖縄ロケも敢行され、クランクイン前に沖縄基地を視察したという井浦は「戦闘機の爆音が、ずっと体の中に残り続けるんです。爆音から感じた恐怖、怒りを腹の中にずっとため込んで、それを増幅させながらお芝居をさせていただきました」と。「完成した作品を見たときに、この問題は終わってはいない、決して風化させてはいけないんだといけないんだと感じました」と力強く答えた。

 千葉の妻・惠子を演じた戸田は、初共演の井浦について「写真で見た千葉さんご本人が(井浦さんに)入っているような気がして、『すごい気合だ!私も頑張ろう!』と思いました。撮影中も、井浦さんの全身からあふれる熱を受けながらお芝居ができました」と。沖縄ロケについては「思わず会話を中断せざるを得ないような轟音が、ひっきりなしに鳴っているんです。沖縄のことは、日本人全員で考えていかなければいけない問題だと体感しました」と振り返った。

 井浦演じる千葉は、英語が堪能な役どころ。劇中、井浦は交渉シーンで流ちょうな英語をたびたび披露している。今回、1か月半にわたり英語の猛特訓を重ねたという井浦は「しっかり準備しました!(笑)」と笑顔を見せ、「アメリカ人よりも上手な英語をしゃべられる千葉さんに少しでも近づきたいと、練習期間は1日中英語でした。英語をしゃべるだけじゃなくて感情面も出せるようにしたり、家に帰っても1人でブツブツ言ったりしていましたね(笑)」と。井浦渾身の交渉シーンに注目だ。

 スペシャルドラマ『返還交渉人 ―いつか、沖縄を取り戻す―』は、BSプレミアムにて8月12日(土)後9・00より放送。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える