• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

キスマイ千賀が滝藤に“倍返し”宣言!?

 第26回東京国際映画祭の特別招待作品に選出された映画「バイロケーション」のグリーンカーペットセレモニーが行われ、水川あさみ、千賀健永(Kis-My-Ft2)、高田翔(ジャニーズJr.)、滝藤賢一、浅利陽介、酒井若菜ら豪華キャストと安里麻里監督が登壇した。

 キャスト陣と監督は黄色い歓声に包まれる中、グリーンカーペットを笑顔で歩きながら登場。主演の水川が「集まっていただきありがとうございます。千賀君と高田君のおかげですね(笑)」とあいさつすると、千賀と高田は「そんなことないです!」と謙遜。また高田は「水川さんと千賀君と僕の共通点はAB型なんで、みんなで仲良く撮影していました」と早々に3人がAB型だということを披露。すると水川が、「それ後で言おうと思ってたのに~」と残念がり、「それ水川さんが言うって決めてたんだぞ」と千賀が面白おかしく責め立てるやりとりを見せ、会場を盛り上げた。

 今作は、突如現れるもう1人の自分(=バイロケーション)に遭遇し、極限状態の中でバイロケに命を狙われるというサスペンス・ホラー。

 1人2役という設定に水川は「1つの画面に自分が2人いるっていうのが想像できなくて大変だったけど、とても貴重な経験になりました」とコメント。

 キャストの中で1番アクションが多かったという千賀は、「自分で自分を殴るのがイメージできなくて難しかった。あとワイヤーアクションが怖かった」と告白。それを聞いた安里監督が「(撮影前に)千賀君に聞いたら『ワイヤー慣れしてる』って自信満々に言ってたから、大丈夫だと思った」と明かすと、「確かに舞台とかでよく釣られてますけど(笑)、まさか4階から落ちるとは思わなかったのでさすがに心の準備が…。でも楽しく最後までできました」と笑顔で話した。

 いっぽう、千賀からプレゼントにサングラスをもらったり、撮影中千賀とずっと一緒にいていろいろな話をしたという滝藤が「豊原(功補)さんが怖いって言ってたよね(笑)」といきなり暴露。「ちょっとやめてください、ぶっこみすぎですから!」と焦った千賀がすかさず「倍返ししますよ!」とツッコミを入れると会場は大笑い。

 また、最後に安里監督から「バイロケーション」の“バイロケーション”エンディングが全く違うもう1つの作品として「バイロケーション 裏」も公開することが発表された。

映画「バイロケーション」
2014年1月18日(土)より全国公開
映画「バイロケーション 裏」
2014年2月1日(土)公開

映画「バイロケーション」公式サイト(http://www.bairoke.jp/)

(C)2014「バイロケーション」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える