• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「子供たちに夢を持たせられるような作品」ふなっしー、まさかの真面目コメント

 映画「パーシージャクソンとオリンポスの神々 魔の海」のジャパンプレミアが10月21日、都内で行われ、本作で洋画の日本語吹き替えに初挑戦したAKB48の渡辺麻友(アナベス・チェイス役)、千葉県船橋市の非公認キャラクターのふなっしー(杖に絡みつく蛇のジョージ役)らが登場した。

 このイベントは水族館のイルカプールで行われ、スモークやレーザーを使ったスペクタクルフォグ演出で、“魔の海”をプール中心に出現させ、観客を魅了した。

 共に登壇したパーシー・ジャクソンを演じる大人気声優の宮野真守から、「僕は全然泳げないんですけど、ふなっしーは泳げるの?」との質問に「もちろんなっしー!」とプールに飛び込もうとするひと幕も。渡辺、宮野に引き止められたふなっしーの「変なニュースになるところだったなっしー」の言葉には会場から笑いが起こった。

 この映画について渡辺は、「とてもスリリングでとても楽しめる映画ではあるんですけれども、作中には友情や絆もあったりとか、感動的なシーンもありますので、ぜひそういうところにも注目していただきたいです」とコメント。

 ふなっしーは「子供が夢を持って、新たな大人になったときに、またその子供たちに夢を持たせられるような、そんな素敵な作品なっしー。ぜひ、お子さんを連れて見に来てなっしー!」と、ゆるキャラとは思えぬしっかりしたコメントでイベントを締めくくった。

 ギリシャの神々が現代に甦る神話スペクタクル・アドベンチャー映画「パーシージャクソンとオリンポスの神々 魔の海」は11月1日(金)に3Dと2Dで同時公開。

「パーシージャクソンとオリンポスの神々 魔の海」オフィシャルサイト(http://www.foxmovies.jp/percy/)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える