• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

恋に落ちたのは遠い惑星の女の子だった…『パーティで女の子に話しかけるには』12・1公開&予告編解禁

『パーティで女の子に話しかけるには』 ジョン・キャメロン・ミッチェル監督の最新作『パーティで女の子に話しかけるには』が、12月1日(金)に全国公開決定。これに先立ち、予告編が解禁された。

 予告編は、1977年のロンドン郊外で音楽だけを救いにさえない毎日を送っていた内気な少年エン(アレックス・シャープ)が、偶然潜り込んだパーティで美しい少女ザン(エル・ファニング)と出会うところから始まる。大好きなパンク音楽やファッションの話に共感してくれるザンと恋に落ちるエン。しかし2人に許された自由時間は48時間。やっと出会えた運命の相手と別れなくてはならないラブストーリーに思わずグッとくる感動的な予告編になっている。

 またポスターでは、レコードショップで2人が仲良くヘッドフォンに耳を傾けるビジュアルに「あの日、恋に落ちたのは遠い惑星の女の子でした」というコピーが甘酸っぱいラブストーリーを予感させている。

『パーティで女の子に話しかけるには』は、12月1日(金)より、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー。

<ストーリー>
パンク好きなのに内気な少年エンは、偶然潜り込んだパーティで、反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。大好きなセックス・ピストルズやパンク・ファッションの話に共感してくれるザンと、たちまち恋に落ちるエン。だが、2人に許された自由時間は48時間。彼女は遠い惑星へと帰らなければならないのだ。大人たちが決めたルールに反発した2人は、危険で大胆な逃避行に出るのだが──。

監督・脚本:ジョン・キャメロン・ミッチェル
原作:ニール・ゲイマン「パーティで女の子に話しかけるには」
出演:エル・ファニング、アレックス・シャープ、ニコール・キッドマン
配信:ギャガ

公式HP:gaga.ne.jp/girlsatparties

©COLONY FILMS LIMITED 2016

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える