• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「見てのとおりけんかが弱い」小室哲哉とスティーブ・ジョブズの共感点は?

合間も楽しそうに英語で会話していたジョシュア・マイケル・スターン監督(左)と小室哲哉(右)

 映画「スティーブ・ジョブズ」のトリビュートミニライブ付き来日プレミアが10月29日、東京・TOHOシネマズ六本木で開かれ、初来日を果たしたジョシュア・マイケル・スターン監督の前で、1990年来のmacユーザーである小室哲哉が生演奏を披露した。

 アシュトン・カッチャー主演の「スティーブ・ジョブズ」は、iPhoneなどで知られるアップル創業者没後初の映画化として話題。莫大な富と名声を手にする一方で、激しい気性で多くの敵を作り、ついには自分が作った会社からも追放された男の真実を描く。

 スターン監督は「スティーブ・ジョブズに愛と敬意を持って創りました。彼は複雑な人柄の奥に自分だけに見えるビジョンを持っていました。誰しもが自分の人生を自らの手で築く可能性を肯定するメッセージが刻まれていると思います」とコメント。

 シークレットゲストとして登場した小室哲哉は「監督の趣味が反映されていると思うのですが、ジョブズさんの生活の一部に音楽があるように描かれていて、音楽的にも楽しめました」と太鼓判。

 また、ジョブズについては「事あるごとにレボリューションを起こす彼は、もちろんクリエイターやエンジニアでもありますが、気質はアーティスト、音楽で行ったらロックミュージシャンにも近いのかなと思います」と語り、映画からインスアイアされた2曲「Departures」(globe)、「Desperado」(イーグルス)を生演奏。

「ベリーエモーショナル!」と感激したスターン監督は、「この映画を見て、一つ世の中や自分に役立つようなアイデアを思い描いていただき、それをジョブズが創ったコミュニケーションツールで共有してもらえればと思います」と締めくくった。

 映画「スティーブ・ジョブズ」は11月1日(金)、TOHOシネマズ日劇ほかにて全国ロードショー。

映画「スティーブ・ジョブズ」公式サイト(http://jobs.gaga.ne.jp/)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える