• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ルー・リード追悼番組 昨年のツアー最終日をWOWOWライブでオンエア

Getty Images

 10月27日に亡くなった、伝説的ロック・ミュージシャンのルー・リード(71)。あまりにも突然の死に、世界中のミュージシャンらがショックと哀悼の意を贈り続けている中、WOWOWライブではルー・リードの追悼番組として、11月16日(土)後3・55から「ルー・リード追悼番組 洋楽年鑑 ルー・リード ライブ・イン・プラハ ~ from VU to LULU ~」を放送することを発表した。

 放送するのは、昨年のツアーの最終日、7月4日、チェコ・プラハのアルハ劇場でのライブ。このツアーは彼の第一歩となった60年代の伝説的ロックバンド、ベルベット・アンダーグラウンド時代から、メタリカとコラボレートした革新的な最新作『LULU』まで、実に45年以上に及ぶキャリアを総括した歴史的ライブ。一貫してロックの新たな地平を切り拓いてきたルー・リードが、70歳を過ぎてもなお革新的であり続ける姿をしっかり目に焼き付けておこう。

収録日:2012年7月4日
収録場所:チェコ・プラハ アルハ劇場
曲目:Brandenburg Gate、Heroin、I’m Waiting for The Man、Senselessly Cruel、The View、Mistress Dread、Street Hassle、Cremation – Ashes to Ashes、Think It Over、Walk on The Wild Side、Sad Song、Junior Dad、Beginning to See The Light、Sweet Jane

ルー・リード追悼番組を放送!WOWOWがネットからの加入申し込みですぐ見られる!

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える