• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

超異常気象で人類滅亡の危機…『ジオストーム(原題)』18年1月公開決定

『ジオストーム(原題)』 ジェラルド・バトラー主演、ディーン・デヴリン監督のディザスター・アクション大作『ジオストーム(原題)』の公開日が2018年1月19日(金)に決定した。

 未曾有の自然災害に襲われ続ける地球・人類を守るため、世界各国が団結。最新テクノロジーを搭載し、天候を制御できる気象宇宙ステーションを開発する。それにより、もはや災害は過去のものとなっていた。だが運用開始から2年後、地球を守ってきた宇宙ステーションはウイルス感染により大暴走。地球に猛威を振るい始める。

 不可解な異常気象を次々と引き起こす宇宙ステーションの暴走は止まらず、“銀座のど真ん中に降り注ぐ直径5メートル級の巨大な雹(ひょう)”“同時多発しすべてを飲み込むインドでの巨大な竜巻”“リオデジャネイロで常夏の海が瞬時に凍結”“香港の地底マグマによるビルのドミノ倒し”など、さまざまな超異常気象を作り出す。そして災害が同時多発で起こる地球壊滅災害“ジオストーム”の発生まで残された時間はわずか。 地球・人類はいまだかつてない危機に遭遇する。

 人類滅亡までのカウントダウンが始まる中、宇宙ステーションの暴走を止めるために立ち上がったのは、その生みの親である天才科学者のジェイク(ジェラルド・バトラー)と、ジェイクの弟で天才政治家マックス(ジム・スタージェス)。ジェイクをリーダーとする世界中の科学者が集まった宇宙チーム、そしてマックスを中心とする地上チームはこの地球の危機を救えるか―。

 主人公の天才科学者のジェイクをジェラルド・バトラーが熱演。その他、ジム・スタージェス、エド・ハリス、アンディ・ガルシアら実力派が出演する。監督は『インデペンデンス・デイ』で製作・脚本を担当したディーン・デヴリン。

『ジオストーム(原題)』
2018年1月19日(金)全国ロードショー

監督:ディーン・デヴリン
脚本:ディーン・デヴリン&ポール・ギヨー
出演:ジェラルド・バトラー、ジム・スタージェス、アビー・コーニッシュ、アレクサンドラ・マリア・ララ、ダニエル・ウー、エウヘニオ・デルベス、エド・ハリス、アンディ・ガルシア

配給:ワーナー・ブラザース映画

©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真

タグ