• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

榊原郁恵が金沢へ『榊原郁恵の町のお嬢さん』旅chで9・10放送

『榊原郁恵の町のお嬢さん』 旅チャンネルで放送中の榊原郁恵が旅人となるシリーズ紀行番組『榊原郁恵の町のお嬢さん』第31話「石川県金沢市」が9月10日(日)に放送される。

 この番組は、榊原郁恵が各地を散策しながら、その町で輝く女性“町のお嬢さん”たちとの触れ合いを通じて、土地の風情や街並みなどを紹介するシリーズ紀行番組。訪れた旅先では、地元メディアとして地域情報に精通している地元のケーブルテレビ局がおススメするスポットを散策。町歩きで出会った“お嬢さん”たちに声をかけながら触れ合いの旅を繰り広げる。

 9月10日放送の第31話「石川県金沢市」では、地元メディア(ケーブルテレビ局)金沢ケーブルテレビネットの協力で、加賀百万石の城下町で、歴史ある街並みが今でも残る“ひがし茶屋街”や加賀友禅などの伝統工芸などで知られている金沢市を巡る。

 尾山神社の門前から散策をスタートした榊原は、明治8年に創業された九谷焼店、武家屋敷通りで見つけた食器店、新竪町商店街で100年以上続く老舗の八百屋などを巡る。

 さらに、地元の大学に通う女子大生、タマゴ専門店を営む母娘、サングラス専門店で出会った昨年の地元の観光親善大使、店内にハープが飾られている薬局の3代目店主など、さまざまな“町のお嬢さん”たちと出会う。

 榊原は、「最初に出会った方が『金沢はいい人ばかりよ』って。いろいろな方に出会いましたが、おっしゃっていたとおりでした。生活感のある金沢に触れることができ、裏金沢(笑)を見たような気がしました。明治から続く薬局で出会った、趣味でハープを弾いているお嬢さんが印象に残っています。息子さんが他県に出て行ったことがきっかけでハープを始めて、目標としていた息子さんの結婚式で披露したんですって。これまで金沢ではいわゆる王道の場所を回ったので、今度は、今回歩いた商店街や裏路地をもっと散策してみたいですね」と、金沢の旅を振り返った。

『榊原郁恵の町のお嬢さん』
第31話「石川県金沢市」
9月10日(日)午前9時~9時30分(再放送あり)

旅チャンネル公式サイト:www.tabichan.jp

TM&©2017 Turner Japan

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える