• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

玉木宏クリスマスプレゼントは「オーロラを見に行くチケットが欲しい」

 映画「すべては君に逢えたから」のジャパンプレミアが、11月22日の公開を前に都内で行われ、玉木宏、高梨臨、木村文乃、東出昌大ら超豪華俳優陣が登壇した。

 この映画は、東京駅を舞台に、片想いや遠距離恋愛、家族愛など、6つの“愛”の物語が交差して描かれている。どの世代のカップルが見ても等身大で楽しめる、ロマンティックでクリスマスをテーマとしたラブストーリー。マスコミ向け試写会でも、温かい涙を流す人が続出しているというこの作品の監督は、「犬と私の10の約束」から「ゲゲゲの鬼太郎」まで幅広く手掛ける本木克英が務めた。

 クリスマス映画とのことで、俳優陣には「クリスマスプレゼントに欲しいものは?」という質問が。玉木は「時間とオーロラを見に行くチケット」と、現実的でもあり、夢もある応え。ほかのキャストからは「パソコンが欲しい」や「手袋が欲しい」、「宝くじを買って当てたい」など、映画のロマンティックさとは掛け離れた答えが続々飛び出し、会場の笑いを誘った。

 玉木の相手役を演じた高梨臨は「玉木さんは普段から完璧で、白ワインを持っているシーンをモニターごしに見ていたら、“なんじゃこりゃ!”ってくらいすごく画になるんです」と撮影中のエピソードを披露。映画について玉木は「見終わったあとに大切な人のことを考えて、きっとその人に会いたくなるような映画だと思います。ぜひご覧ください」と締めくくった。

 最後に映画の劇中歌を担当したJUJUがスペシャルゲストとして登場。劇中歌は、主題歌を手掛けたゆずの「守ってあげたい」を同タイトルで女性目線にアレンジした異色作。「映画のとてもすてきな場面で使っていただけて、本当に光栄です」と語り、「守ってあげたい」をサプライズ披露すると、その歌声に会場は大歓声に包まれた。

「すべては君に逢えたから」
11月22日(金)より新宿ピカデリー他全国ロードショー!
配給:ワーナー・ブラザース映画
オフィシャルHP(http://wwws.warnerbros.co.jp/kiminiaeta/

(c)2013「すべては君に逢えたから」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える