• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

映画「バイオハザード:ヴェンデッタ」BD&DVD発売記念 ニコ生特番に東地宏樹、森川智之らが登場

139990_01_R 現在発売中、デジタル配信中の「バイオハザード:ヴェンデッタ」ブルーレイ&DVD。本作のブルーレイ&DVD発売を記念して、9月9日(土)19:00より、豪華ゲストを招いた映画「バイオハザード:ヴェンデッタ」のニコニコ生放送特番が開催された。

 本作は、「バイオハザード」本来の魅力であるホラー要素を追求し、「原点回帰」したフルCGアニメーション映画の最新作。シリーズの2大キャラクターであるクリス、そしてレオンの共闘に加えて、ファンにはおなじみの人気キャラであるレベッカが最新のCG技術によりハイクオリティで描かれている。その制作陣には、清水崇、辻本貴則、深見真、川井憲次、小林裕幸ら日本が誇る超豪華スタッフが集結し、最高の“恐怖”と“アクション”を作り上げた。また、ブルーレイ&DVDには劇場で公開されなかった日本語吹替バージョンを初収録。

クリス役の東地宏樹、レオン役の森川智之、レベッカ役の小清水亜美らおなじみのキャストに加え、桐本拓哉、大友龍三郎、大原さやか、戸松遥ら超豪華声優陣が登場。さらに、熱狂的な「バイオハザード」ファンとして有名な乃木坂46の堀未央奈も特別参加している。

そして、本作のブルーレイ&DVD発売を記念して、9月9日(土)19:00より、豪華ゲストを招いた映画「バイオハザード:ヴェンデッタ」のニコニコ生放送特番が開催された。「『バイオハザード』徹底解剖 声優&ゲストのSPトーク&ゲーム実況&本編一部上映」と題した生放送特番には、ゲストとして本作の日本語吹替版で主役を演じる東地宏樹(クリス・レッドフィールド役)と森川智之(レオン・S・ケネディ役)をはじめ、監督の辻本貴則、制作にも携わったジャンクハンター吉田、さらに「バイオハザード」好きを公言するモデルのmim(みむ)、MCとしてドグマ風見が登場。本作についてはもちろん、「バイオハザード」シリーズの魅力について徹底的に熱く語り尽くした。

番組では、始めにCG アニメーションシリーズ1作目「バイオハザード ディジェネレーション」と2作目「バイオハザード ダムネーション」のふり振り返りが行われた。シリーズ1作目から制作に携わっているジャンクハンター吉田は「懐かしいですね。当時は(ディジェネレーションのように)空港を舞台にしたゾンビ映画が無かったのでゾンビファンからすごく注目された作品です」と、当時の大ヒットした背景を懐かしみながら語った。

続いて、本作「バイオハザード:ヴェンデッタ」についてのトークに。予告編映像が流れると、辻本は「今の日本でできる最新技術のフルCGアニメーションです。スタッフ一同頑張りました」と感極まった様子。主人公・クリス役を演じた東地は「ゲームでもクリスを演じさせていただいているんですが、ヴェンデッタは映像のクオリティがより本物の人間に近づいていたので洋画の吹替えをしているような感じで不思議な感覚でした」とアフレコ時を振り返った。

また、MCからの「監督はアフレコのとき、東地さんと森川さんに何か指示されたんですか?」という質問に対し、辻本は「『何かしら指示するんだろうな』と思ってアフレコ現場に挑んだら、テスト収録の段階から二人ともすごくて、安心して収録部屋の裏でおかきを食べてました(笑)」と意外なアフレコ秘話を明かした。さらに森川も「メインキャスト3名をはじめほとんど全員揃っての収録だったので、気持ちもノッてアフレコできました」と語った。

さらに、登場するキャラクターについてのトークに移り、クリスについて東地は「腕が太いですね~。血管も浮き出てますね(笑)」と自身が演じるキャラクターをイジりながらコメント。森川も「クリスに守ってもらいたいですね。安心できる」と冗談交じりに語っていた。いっぽう辻本は、「レベッカだけ劇中で3、4回衣装が変わってます。やっぱりヒロインには力が入りましたね」とヒロインのレベッカに対する熱量の高さを明かした。

また、「バイオハザード」シリーズはゲームが原作ということで、8月31日に発売されたばかりのゲーム「バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション」を、mim(みむ)がプレイするゲーム実況も行われた。

mim はこれまでもゲームシリーズを多くプレイしてきた経験を持つが、「ゲーム実況は見たことあるんですけど、やったことはないんです」と初めての実況プレイに緊張した様子。しかし、出演者から「慣れてて無駄な動きもないし、お世辞抜きで上手!」と賞賛の声が上がるほど見事なプレイを見せた。さらにレイドモードというモードでのプレイも行われ、東地演じるクリスを使ってプレイすることに。すると東地が、ダメージを受けたり攻撃したりするクリスの動作に合わせて生アフレコを披露。さらに森川も襲ってくるゾンビ役を即興で演じるというサービス精神旺盛な生アフレコを見せ、視聴者からは「東地さん、森川さん最高!」「生アフレコなんて贅沢すぎる!」といったコメントが多く寄せられた。

その後番組の最後には、本作「バイオハザード:ヴェンデッタ」の本編の一部無料上映と出演者による実況解説も行われた。「来るよ!来るよ!」とあおったり、「うわ~。ひゃ~。ヤバイ!」と悲鳴を上げたりしながらも、辻本をはじめとした出演者も作品に対するこだわりや見どころを語りながら熱く解説し、視聴者と一緒に盛り上がって鑑賞した。

<商品情報>
「バイオハザード:ヴェンデッタ」ブルーレイ&DVD 9月6日(水)発売
★デジタルセル先行配信中
■ブルーレイ&DVDセット/5,800円+税
■プレミアム・エディション【初回生産限定】/7,800円+税
■4K ULTRA HD&ブルーレイセット/7800円+税

◆公式サイト
http://biohazard-vendetta.com/

発売元・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
©2017 CAPCOM / VENDETTA FILM PARTNERS. ALL RIGHTS RESERVED.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える