• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

5年毎に集合!? 生瀬勝久・池田成志・古田新太がクドカン&河原雅彦と来年パルコで

ねずみの三銃士(左から池田成志、生瀬勝久、古田新太)

 2014年春、演劇界のチームリーダー・ねずみの三銃士の3人が企画するパルコ・プロデュース公演「万獣こわい」が上演される。

 生瀬勝久、池田成志、古田新太からなる“ねずみの三銃士”は、「今、一番やりたい芝居を、自分たちの企画で上演したい!」という意図で、2004年上演の第1回公演「鈍獣」、2009年上演の第2回公演「印獣」を上演。

「鈍獣」は宮藤官九郎が初めて外部プロデュース公演に書き下ろし、岸田國士戯曲賞を受賞した作品で、初共演となる曲者俳優3人が、西田尚美、乙葉、野波麻帆という麗しい女優3人を迎えて、全国7か所公演を果たし、後に映画化。5年後の「印獣」では、ゲスト主演に大女優・三田佳子を迎え、異種格闘技的豪華共演が話題となった。

 そして2014年3月、実に5年ぶり第3回公演となる今回は、 再び宮藤官九郎・作、河原雅彦・演出のコンビで、華やかなゲストを迎える新作劇となる予定。

 注目のゲストは、映画「八日目の蝉」やドラマ『リーガルハイ』などに出演し、演技派女優として注目の小池栄子、2012年ケラリーノ・サンドロヴィッチ演出の舞台「祈りと怪物~ウィルヴィルの三姉妹~」に続き舞台出演2作目となる夏帆、さらに、劇団「サモ・アリナンズ」の座長で、舞台のみならずドラマ・映画でも個性的な存在感を発揮している小松和重が決定。

「鈍獣」では同級生、「印獣」ではある屋敷の女主人から招待状をもらった3人の作家という設定で妙演を見せた3人の男たちが最結集する新作「万獣こわい」は、2014年3月15日(土)~4月8日(火)、東京・パルコ劇場にて上演予定(2014年2月8日(土)チケット発売)。また、松本・新潟・名古屋・大阪・札幌・福岡・沖縄などでも公演。

パルコ・プロデュース≪ねずみの三銃士≫第3回企画公演『万獣こわい』
【作】宮藤官九郎
【演出】河原雅彦
【出演】生瀬勝久・池田成志・古田新太、小池栄子、夏帆、小松和重
【企画】ねずみの三銃士(生瀬勝久・池田成志・古田新太)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える