• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

臼田あさ美主演、舩橋淳監督作「桜並木の満開の下に」DVD発売決定

「桜並木の満開の下に」DVDジャケット (c)2012『桜並木の満開の下に』製作委員会

 今年4月13日に公開された2013年ベルリン映画祭正式上映作品「桜並木の満開の下に」のDVD発売が決定した。

 舩橋淳監督の映画「桜並木の満開の下に」は、最愛の夫を亡くした妻(臼田あさ美)と、事故を引き起こした夫(三浦貴大)の禁断の愛を描いた問題作。

 クランクイン直前に起こった東日本大震災から復興していく茨城県日立市でロケーションが行われたことも話題となり、ベルリン国際映画祭でも「息をのむ、荒涼な美しさ」と高い評価を受けた。

 本編119分に加え、メイキング映像や舞台あいさつの模様など、貴重な映像特典約20分も収録したDVD「桜並木の満開の下に」は2014年3月26日(水)発売(税抜3800円)。

「桜並木の満開の下に」公式サイト(http://www.office-kitano.co.jp/sakura/
<STORY>
小さな町工場で働く栞(臼田あさ美)は結婚したばかりの同僚・研次(髙橋 洋)との幸福な生活を夢見ていた。
ある日、作業中の事故で研次が亡くなり、栞の生活は一変する。
事故を起こした若い工員・工(三浦貴大)は栞に謝罪しようとするが、栞はそれを受け入れられない。
だが、研次の死によって経営的な危機に陥った工場を立て直すべく必死に働く工の姿を見て、
栞の閉ざされた心は和らぎ始める。やがて1年が過ぎ、工の功績もあって工場は再び軌道に乗り始める。
そんな時、栞は工が工場をやめて出ていくことを知らされる。工を問い詰めた栞はその理由を聞いて動揺する…。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える