• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

AKB48ドキュメンタリー映画に先駆けて特設フォトページ開設

(c)2013「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会

 AKB48の2012年を追ったドキュメンタリー映画「DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?」(企画・秋元康、監督・高橋栄樹、配給・東宝映像事業部)が2月1日(金)から全国公開される。それに先駆けて、映画公式HP内に特設フォトページが開設された。

 特設フォトページは161枚の写真掲載が予定され、毎日ランダムに画像が更新されていく。サイトで初公開となる画像も多く含まれるほか、昨年の彼女たちの舞台裏に触れることができるスペシャルコンテンツになっている。

 また、映画は前作「DOCUMENTARY OF AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る」で高い評価を受けた高橋監督が担当し、密着インタビューを交えながら今を生きる少女たちを冷静な視点で切り取っていく。

「2012年のAKB48はドラマチックな1年だった。しかしその裏側は、もっとドラマティックでセンセーショナルなものである」と総合プロデューサーの秋元が振り返るように、AKB48にとって新たな幕開けであり激動の年だったようだ。新譜はミリオンセラー、東京ドーム公演は3日間で84万人を動員、“総選挙”といえば今や彼女たちを思い浮かべるほど。カメラは、創立以来センターに立ち続けた“絶対的エース”前田敦子の卒業や新エースをめぐる熾烈なセンター争い、恋愛禁止条例、メンバー間の格差といった明るみに出ない真実にもスポットを当て、現代のリアルなアイドルの姿を赤裸々に映していく。

 映画「DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?」は、2月1日(金)よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほかで全国ロードショー。

『DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?』
2月1日(金)より TOHO シネマズ 六本木ヒルズ ほか全国ロードショー
企画:秋元 康
監督:高橋栄樹
出演:AKB48
配給:東宝映像事業部
(c)2013「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会

映画「DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?」公式ホームページ(http://www.2012-akb48.jp)
 
特設フォトページ(http://www.2012-akb48.jp/photo.php)
 

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える