• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

山田孝之が人間を超えた“超人”に!?PlayStation®4 新TVCM放送中

141119_01_R 山田孝之が出演する「PlayStation®4(PS4®)」の新TVCM「できないことが、できるって、最高だ。2017」篇(30秒)が、現在全国で放送中。

 今回のCMは、PS4®なら「やってみたかったことができる!なりたかった人になれる!」という、そんなワクワクする体験が誰でもできることを伝えるメッセージ「できないことが、できるって、最高だ。」をコンセプトにしたシリーズ第3弾。CMキャラクターである山田孝之が凛々しい表情で純白のスーツに身を包み、ハリウッドの舞台セットのようなカラフルなパーティー会場で、さまざまなキャラクターたちと共に、歌って踊って戦ってと、まるでおもちゃ箱をひっくり返したようなめくるめくファンタジーの競演を、スピード感あふれる本格ミュージカル風の演出で表現した。

 CMの総監督には、数々のアーティストのミュージックビデオの企画/演出まで幅広く手掛ける児玉裕一監督を起用。さらにアクション監督には、数々の著名作品を担当している谷垣健治監督、川澄朋章監督の2名を起用。最先端のフルCGによる圧倒的な映像美と、山田によるド派手な本格アクションによって、PS4®だからこそかなえられる誰もがワクワクするような最高に楽しい体験を描いている。

 CMの冒頭で、“できないものは、できないわよ”と山田に言い放つ女性に対し、山田の右腕がロケットのように発射され、人差指で女性の口をふさぐのを皮切りに、「やりたいことは何でもできるんだ」と、山田やキャラクターたちがキレのあるダンスやアクションをしながら歌い「できる喜び」を 表現。CMの後半では、山田が女の子を抱えながら宙を舞い着地し、再度腕がロケットとなって発射するスタイリッシュな演出に展開。さらに、パーティー会場の階段を下りてきた山田が、紙吹雪が舞う中、CMの登場人物全員に囲まれ、“できないことが、できる”喜びを噛みしめながら PS4®のコントローラーを握り、ガッツポーズで「YES!」とワクワクした表情で叫び、グランドフィナーレを迎える。

 今回の新CMの目玉の一つでもあるのが、ワイヤーアクションシーン。女の子を抱えて宙を舞うシーンでは、数々のアクションシーンを経験してきた山田が見事な身体能力を披露し、激しいワイヤーアクションを見事に成功させた。撮影中も山田は辛い表情を見せることなく、アクション監督の川澄監督からは、「立ち回りを覚えるのも早くメリハリのいい動き、ワイヤーでの飛び降りも躊躇なくこなすあたりがスタントマン顔負けです」と太鼓判を押されるほどだった。

 さらに、今回の新CMのもう一つの見どころは、CM全体を通してミュージカル調に響き渡る「WE CAN DO IT」というキーワードの歌声。実はこの歌声は山田の美声で、レコーディングでは、児玉監督も思わず「いい声すぎ!」とコメントするほど堂々とした姿が印象的だった。

“できないことができる喜び”をテーマに、さまざまな楽しくなる仕掛けがふんだんに組み込まれた、何度見ても楽しめるPS4®の新CM は、現在放送中。

<CM概要>
タイトル:PlayStation®4 新 TVCM「できないことが、できるって、最高だ。2017」篇(30秒)
放送開始:2017年9月19日(火)
放送地域:全国

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える