• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」監督・脚本:入江悠×脚本:平田研也が語る“脚本家にとって大切なこと”とは

141284_01_R 10月4日(水)にブルーレイ&DVDが発売される、映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」。デジタル配信が開始された9月6日に、映画学校の生徒を招待して、本作の監督であり脚本を手掛けた入江悠、脚本を担当した平田研也が語るティーチイン試写会が行われ、本作の大ヒットの裏側や映画制作・脚本に対するこだわりを余すところなく語った。

 2017年上半期邦画実写映画No.1を記録した本作の大ヒットについて、入江監督は「本当にうれしい。ヒットしてよかったなと思います。SNS上でも脚本にグッときてくれている感想が多く、脚本を構成していく上で考えていたことが観客の方にきちんと伝わっているなと感じましたね」とうれしそうに語った。

 脚本家の平田も「SNSで『内容が面白い!』という声が多くて、本当に脚本家として素直にうれしかったです。原作ものの作品が多い中で、原作に頼らずに本作が多くの人に受け入れられたことにとても勇気づけられました」と語り、SNSでのリアルな反響に2人とも大きな手応えを感じていたことを明かした。

 本作の脚本がどのようにして作られていったのかを聞かれると、平田は「最初は僕のところにオファーが来ました。原作の韓国映画『殺人の告白』はアクションが見どころになっていますが、本作ではなるべく現実に即した内容にしてほしいというオファーがありました。また、原作で重要になる時効制度が日本では撤廃されているので、その壁をどう乗り越えるかが大きな課題でしたね。脚本が完成するまで約3年かかりました(笑)」と、時間をかけて綿密に脚本を書き上げていった裏側を語った。

 また、本作は入江監督と平田の共同脚本ということで、どのように制作を進めていったのかについて入江監督は「稿の前半が平田さんの執筆で、キャスティングが進みキャラクターがイメージしやすくなった稿の後半を僕が書くことが多くなったかな」とコメント。続けて「今回の作品は、絶対に一人で脚本は書けなかったと思います。平田さんが積み上げた脚本があって、そこにお互いのアイデアを持ち寄って粗を潰しながら作り上げていきました。ドンデン返しや伏線の部分も重要だったので、本当に共同作業でよかったです」と語り、入江監督にとって平田の存在が大きかったことを明かした。

 いっぽう平田も「“脚本”といわれると孤独な作業のように勘違いされがちですが、執筆するときは一人でも、実際に監督やプロデューサーとも話し合いながら進めていくので、基本はチームプレイなんです」と意外な制作の裏側を語った。

 さらに、キャラクター作りについての裏話も。「メインのキャラクター造形には時間がかかりましたね。特に犯人像は原作とは異なるオリジナルになっています。あとはキャラクターの過去は徹底的に作り上げました。1995年から2017年までの22年間を描いていたので、キャラクターが22年間をどのように歩んできたのかという設定を明確にして、自分の中で正確に把握していました」と語ったのは入江監督。

 さらに入江監督は「真犯人がどういう心理なのかというのを理解するために、実際に日本の法律や犯罪心理学の専門家へ取材をしました。例えば、連続殺人犯は、殺したいという心理と早く見つかりたいという両方の心理が働くことで、殺人サイクルがどんどん早まっていくんです。なので、本作の犯人がどのような殺人のモチベーションと思考をもっているのかを知るために、リサーチは徹底しました。また、1995年の中で阪神・淡路大震災を描いており、実際に経験されている人もいる中で、倫理的に“無知で書くことは罪”だと思っていたので、きちんと取材はするべきだと思っていました。本作でとても重要な報道番組のシーンも、 報道番組を制作している方に話を聞いたりしましたね。本当に脚本を書けば書くほど“リサーチ”や“取材”など“足を使った取材”の重要性を痛感します。最近読んだジャーナリストのノンフィクションで【100調べて10書け】【10しか調べられなかったら1しか書くな】という名言がとても腑に落ちたんです」とも語り、作品と真摯に向き合う姿勢を感じさせた。

 すると平田も「ただ、調べた内容をそのまま書けばいいということではなく、リサーチした中で自分が面白いと思えたことを盛り込むようにしています」と脚本家として心がけている点を明かした。

『脚本には何が書かれているべきなのか』という話題に、「やはりシンプルに面白いことが基本なんじゃないかな。人に伝えたくなるような内容になっていることが大事だと思うんですよね」と入江監督。平田は「広がりを感じられることかな。画面に映っていないワクの外にあるものを感じられるようになっているべきだと思っています。例えば、氷山に例えると、水面から見えているのは一部だけですが、その下に支えている部分があって初めて見えてくる部分がある。脚本もそういうものではないかと感じています。そして脚本にとって見えない部分が取材やリサーチにあたるのではないでしょうか」とあらためて取材やリサーチの重要性を語った。

 また、1995年から2017年の経過を表す映像の中で、森ビルが建設されていく過程をCGで描いているシーンに関して、入江監督が「実はVFXプロデューサーの赤羽さんは森ビルから設計図を取り寄せて、実際に建設された手順や骨組通りにCGで再現しているんです。そういう見えにくい部分も手を抜かずに徹底している部分は脚本と似ているのかもしれないですね」と、スタッフのこだわりの強さが垣間見えるエピソードを披露した。

 最後に、試写会に招待された脚本を学んでいる学生に向けて、平田は「本当にたくさん書いて、たくさん見てもらって、意見をもらい、とにかく書き続けるしかない。話のストックが頭の中にあるなら、それを全部吐き出して、ゼロから書けるかっていうところが大切なんじゃないかなと思います」とメッセージを送った。

 入江監督も「やっぱり書くしかないと思う。オリジナルでも面白いものを待っているプロデューサーはたくさんいるので原作がなくてもいいんです。とにかく書いて持っていくことが大切ですね」と呼び掛けた。

 映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」は、10月4日(水)よりブルーレイ&DVDリリース、デジタル先行配信中。また、本作で重要なカギとなる報道番組の約20分以上に渡る長回しシーンのメイキング映像や、キャストのインタビュー映像など、220分に及ぶ映像特典も必見だ。

「22年目の告白-私が殺人犯です-」
10月4日(水)ブルーレイ&DVDリリース/デジタルレンタル配信開始

■【初回仕様】ブルーレイ&DVDセット プレミアム・エディション(3枚組)
価格:\5,990+税
本編117分+豪華映像特典220分

<映像特典>※変更の可能性あり
メイキング
キャストインタビュー集
イベント映像集
映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」公開記念スペシャル番組「裏側の告白」(東京暇人)
藤原竜也20周年記念特別上映会inハワイ
必見!VFXプロデューサーが語るVFXの舞台裏
主題歌「疑問疑答」/感覚ピエロ スペシャルPV
曾根崎雅人 衝撃の記者会見映像
キャラクター紹介動画
特報
予告編
TVスポット

<封入特典>
初稿台本
オリジナルブックレット(32P)
クリアアウターケース仕様

■ブルーレイ&DVDセット(2枚組)
価格:\3,990+税

<映像特典>
特報
予告編
TVスポット

公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/22-kokuhaku/

©2017 映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える