• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

95%の視力を失った青年が5ツ星ホテルで働くために大芝居を打つ!映画「5パーセントの奇跡」18年1月公開決定

「5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生」 奇跡の実話を映画化し、ドイツで大ヒットを記録した「5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生」が、2018年1月13日(土)に公開されることが決定した。

 本作は、10代の時にほぼ全盲に近くなってしまった将来有望な学生サリヤ・カハヴァッテの実話に基づく物語。先天性の病気で95%の視覚を失った青年・サリーは「5つ星ホテルで働きたい!」という夢をかなえるために一世一代の“大芝居”を打つ。なんと目が見えないということを隠して、一流ホテルで見習いを始めるのだ。持ち前の明るさと機転を利かせ、周囲からの助けも借りながら、ホテルの研修課題を次々とクリアしていく。ところが、ある女性との出会いにより、完璧だった偽装計画が徐々にほころび始めてしまう。果たして、無謀とも呼べる夢はかなうのか、そして恋の行方は――。

 奇跡の実話を映画化したのは、「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々」のマルク・ローテムント監督。主演は「誰よりも狙われた男」などに出演したコスティア・ウルマン。彼を支える研修生仲間の“ちょっと難あり”のマックス役にヤコブ・マッチェンツ。また、“鬼教官”のクラインシュミット役には、名優ヨハン・フォン・ビューロー。そして、視覚障がいを隠して恋愛関係に発展するシングル・マザーのラウラを、アンナ・マリア・ミューエが好演している。

映画「5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生」
2018年1月13日(土)新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町ほかにてロードショー

監督:マルク・ローテムント(「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々」)
出演:コスティア・ウルマン(「誰よりも狙われた男」)、 ヤコブ・マッチェンツ(「シャトーブリアンからの手紙」)、アンナ・マリア・ミューエ(「青い棘」)

配給:キノフィルムズ/木下グループ

公式サイト:5p-kiseki.com

©ZIEGLER FILM GMBH & CO. KG, SEVENPICTURES FILM GMBH, STUDIOCANAL FILM GMBH

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真

タグ