• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

東京都江戸東京博物館特集展示「東海道五拾三次」1月2、3日は無料

 開館20周年を迎えた江戸東京博物館は、2014年の幕開けに保永堂版「東海道五拾三次」のほか、葛飾北斎が描いた東海道の俯瞰図、風景・宿場・寺社・一里塚など街道情報満載の「東海道絵図」、旅道具、お伊勢参りに関する資料などを展示する「特集展示『東海道五拾三次』」を開催する。会期は、2014(平成26)年1月2日(木)~2月2日(日)。

 さまざまな角度から江戸時代の旅の様子を知ることができる期待の特集展示。保永堂版「東海道五拾三次」全55枚のうち51枚を展示するのに加えて、世界文化遺産に登録された富士山が、東海道の各所においてどのような姿で表されたかを紹介するなどで、お正月らしい華やかさも演出。特に、当館初公開となる、歌川広重が10歳の時に描いたと伝わる富士を背景とした「三保の松原図」は、素朴でほほ笑ましく必見。

 また、2014年1月2日(木)、3日(金)は、常設展観覧料が無料といううれしいお年玉も。

特集展示『東海道五拾三次』
会期:2014(平成26)年1月2日(木)~2月2日(日) 開館日数30日間
開館時間:午前9時30分~午後5時30分(土曜日は午後7時30分まで) 
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(ただし、1月13日・20日は開館)
※会期中一部展示替えあり

問い合わせ:03-3626-9974(代表)
ホームページ:http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える