• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

有岡大貴&中島裕翔が感動の再現VTRを制作!『いただきハイジャンプ』土曜初回10・7放送

『いただきハイジャンプ』 Hey! Say! JUMP初の単独冠レギュラー番組『いただきハイジャンプ』(フジテレビ系)が、今秋より水曜深夜から土曜昼に枠移動。その初回となる10月7日は、有岡大貴と中島裕翔が新企画「まぶたに浮かぶヒストリー」に挑戦する。

 新企画「まぶたに浮かぶヒストリー」は、結婚式で新婦が両親に感謝の手紙を読む感動イベントの逆バージョンで、両親がどうしても新婦に伝えたい思いをJUMPが再現VTRとして表現し、実際に結婚式に流すという企画。今回は有岡と中島の2人がこの企画に挑戦。依頼人の夫妻が住む横浜に向かい、娘に伝えたいという思いを聞くと、お母さんの口から出た言葉は「謝りたい」というものだった。お父さんの仕事の都合で、家族はこれまで7回の転勤を経験。住み慣れた土地を離れることや、せっかく仲良くなった友達と別れることなど、つらい思いをさせてきてしまったという思いを胸に抱く夫妻は、自分たちから巣立つこのタイミングで娘に謝りたいという。

 有岡と中島は再現VTRの制作に当たり、お互いの役割をクジで決めることに。結果、有岡が主演でお父さん役、中島が監督を務めることに。バラエティ番組の1コーナーの再現VTRだが、有岡にとっては初の単独主演作となり、中島にとっては初の監督作となる。

 番組スタッフから筋書きだけが書かれている台本を渡される2人。細かいセリフや芝居は2人で決めていいと言われ、再現VTRの制作に臨むことに。中島は「人生に関わるところだから、とにかく真面目にやらなきゃ」と、撮影中は声をかけることすら許されない空気で細部までこだわり、予定していた終了時間を大幅にオーバー。有岡は、お父さんとお母さんの気持ちに思いをはせ、この家族に芝居で寄り添おうとする。撮影終了時には「間違いなく僕の代表作になるんじゃないかな。確かな手応えを感じております」と語った有岡。果たして、どのような再現VTRが出来上がったのか。そしてVTRを見た夫妻と新婦の反応は?気になる結末はオンエアをチェック!

『いただきハイジャンプ』
フジテレビ系
10月7日スタート
毎週土曜午後2時放送

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える