• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

今市隆二、大ファンのJAY’EDに「ド緊張」『LOVE or NOT♪』第5回10・13配信

『LOVE or NOT♪』 映像配信サービス「dTV」とFODで配信中の音楽番組『LOVE or NOT♪』の第5回が10月13日(金)より配信される。

 この番組は、三代目J Soul Brothersの今市隆二とベッキーがMCを務める音楽番組。第5回はゲストにJAY’EDが登場する。

 オープニングでは、「カラオケ行きますか?」というトークテーマを受けて、「友達とも行くし、一人でも行く」と話すベッキー。「一人で行ったことがなく、店員さんと気まずくならないですか?」と一人カラオケに驚く今市。ベッキーは「超変装する!」と話し、普段のカラオケ事情を明かした。

 さらに、今市が「何を歌うんですか?」と聞くと、ベッキーは「宇多田ヒカルさんやAimerさんなど」と。今市は「昔のバラードが多く、Mr.ChildrenさんやEXILEはもちろん、THE 虎舞竜さんの『ロード』などを歌う」と語り、「13章まである『ロード』の3章まで歌える、メロディーが異なって奥が深い」とカラオケトークで盛り上がる。
 今回のゲストはJAY’ED。「同じ事務所に所属し、所属歴では長いが、歌を志していたときにいつも歌っていたほどファン」と語る今市。

 プライベートでも今市と交流があるというJAY’EDは「共通の友達のピアニストと3人で六本木のジャズバーに行き『Missing』を即興で歌う」と語り、今市は「ファンであったため、ド緊張だった」と明かす。

 JAY’EDは「お互いブラックミュージックが好き、また好きなアーティストも同じであったため、ものすごく話が合うな、あとものすごく気を遣ってくれた」と今市の印象を明かし、今市も「それこそJAY’EDさんのほうが気を遣ってくださり、見るだけで分かる腰の低さなど、本当にとても素敵な方だなと思っています」と語った。

 ベッキーが音楽を始めたきっかけを聞くと、JAY’EDは「高校卒業する時の進路選択であまりやりたいことがなかった。両親から『やりたいことをみつけたほうがいい』と言われ、当時友人に“K-Ci&JoJo”のライブに誘われ行ったところ感動し、何日たっても余韻が残ったことをきっかけに『歌をやってみたい』と思うようになった」と明かした。しかし「昔は、歌うキャラではなくカラオケ行っても後ろでタンバリンを持つぐらいで、人前で歌う感じではなかった」と、意外な過去も語った。

 また、歌手を志したが「人前で歌うまでに1年かかった」「1年隠れて実力をつけようと家で練習した、他のアーティストのものまねをして自分で感覚をつかんだ」など、知られざるエピソードも。

 ほかに、JAY’EDが仲がいいというATSUSHIとの出会いや、ATSUSHIがサウンドプロデュースとして参加した最新アルバム「Here I Stand」の制作の裏側を明かした。

 「TODAY’S LOVE or NOT♪LIVE」では、JAY’EDの最新アルバム「Here I Stand」収録曲「P.B.E feat.今市隆二(三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE)」をJAY’EDと今市がパフォーマンスする。

<コメント>
◆2回目の収録を終えた感想をお願いいたします。

今市:1回目と比べてテンポ感、ベッキーさんとの仲もより深まった中でやらせていただいて、前回以上に楽しみながらやらせていただけたと思います。

◆ベッキーさんの知られざる新たな一面が見えてきた?

今市:そうですね(笑)。回を重ねるごとにちょっとずつ出てきますね。実は一人カラオケに行くということとか…(笑)。

ベッキー:驚きを与えてしまってすいません(笑)

今市:すごく楽しみながらやらせていただいてます!

ベッキー:1回目も楽しかったですけど、今日もすごく楽しくて。なんでだろう…? ずっとやってる仲間みたいな感覚で、リラックスした空気感で楽しいです。むしろ今日は私がスタッフさんにダメ出しをされたり、反省点がすごく多かったんですけど(苦笑)。頑張ります!

dTV×FOD MUSIC PROGRAM『LOVE or NOT♪』第5回
10月13日(金)1:00よりdTV、FODで配信

『LOVE or NOT♪』公式サイト:http://video.dmkt-sp.jp/ft/s0000684

Twitter:https://twitter.com/loveornot_music
Instagram:http://www.instagram.com/loveornot_music/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える