• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

市川海老蔵、娘と息子のお披露目を表明!「古典への誘い」制作発表

左から観世喜正、市川海老蔵、人間国宝の亀井忠雄

 市川海老蔵「古典への誘い」の制作発表が11月25日(月)、東京會舘で行われ、海老蔵、観世喜正、人間国宝の亀井忠雄が登壇した。

「古典への誘い」は伝統芸能をより分かりやすく多くの人に多角的に紹介すべく、海老蔵が自ら企画して2012年から行ってきた意欲的な公演。

 直前の2013年に行われた第2回公演ではテーマを“清元”とし、「保名」と「お祭り」という対照的な2演目を海老蔵が踊り、「玉屋」が演奏され、江戸歌舞伎の粋で華やかな世界を届けたことで話題に。

 3回目となる2014年の公演は、2012年の初回公演と同じく、海老蔵が能の「石橋(しゃっきょう)」、歌舞伎舞踊の「連獅子」を披露し、素顔の海老蔵が解説する公演になるという。

 海老蔵は「前回は、素晴らしい能の皆様とご一緒することで能楽への姿勢、潔さの中にある情熱や伝承を感じることができました。今回の再演でははさらにそれが自分の身になるよう体に覚えさせ、海老蔵の連獅子が変わっていくことを今年の意気込みとしたい」と意気込みを。

 今回の八千代座公演で娘の麗禾(れいか)が初お目見えを果たすことについて、「近年、歌舞伎に興味を持った娘が『パパが見たい、大きいじいじが見たい、勘三郎さんが見たい』と自分でDVDを再生して観ています。どうやら播磨屋のおじさんが好きみたいです(笑)」と秘話を明かし、「もう海老蔵、團十郎の口上もできるようになっていて、親バカながら、おお!と思うこともあるんですよ」と語った。

 さらに、息子・勧玄(かんげん)の顔出し・初お目見えについては、「いずれ歌舞伎役者になってもらわなければ困るので、出るなら早い方がいいと親の覚悟を決めました。おとなしい彼ですが、僕の『ABKAI』を観に来たときに生まれてきて一番大きい声を出しリアクションを見せたんですす。これからも彼に刺激を与えられる芝居を父親として見せていきたいです」とコメント。

 また、自身の意向で決めたという東北の被災地での公演に対し「ずっと行きたいという想いがありました。震災の直後から行きたかったのですが、歌舞伎役者として行きたかったので、諸々の準備が必要になりました。すぐ行けないのであれば、継続すること、風化させないことを大切にして、今回準備が整いようやく行かせていただくくことになりました。今回伺えるのが本当にありがたいです。今後も私なりにできることを務めていきたいです」と決意を表明。

「市川海老蔵 古典への誘い」は、2014年3月6日(木)~25日(火)の東京・観世能楽堂公演のほか、全国7都市で巡業。演目は、海老蔵によるオープニングトーク、半能「石橋」、市川海老蔵・市川福太郎による舞踊「連獅子」の予定。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える