• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「エロすぎると言われて…」磯村勇斗、カレンダー撮影で脱いだ!?

磯村勇斗『仮面ライダーゴースト』『ひよっこ』などで知られる俳優・磯村勇斗が10月14日(土)、ブックファースト新宿店で「磯村勇斗2018年カレンダー」の発売イベントに登場。イベント開催前に報道陣の囲み取材に応じた。

 朝ドラ『ひよっこ』で、ヒロイン・みね子(有村架純)が働く洋食屋「すずふり亭」の見習いコック・前田秀俊を好演し、現在人気急上昇中の磯村。朝ドラ出演後の変化について聞かれると「僕自身は変わってないんですけど、地方に行くと声をかけてもらうことが多くなりましたし、SNSのフォロワー数も増えたので、『ひよっこ』の効果は大きいんだなと思いました」と、人気を実感している様子。

 『ひよっこ』ではみね子と秀俊がめでたく結婚を迎えるところまでが描かれたが、磯村は「この先の物語の未来が早く見たい」と、続編に意欲的。「もし、(脚本の)岡田(惠和)さん含めNHKさんにその予定があれば、ぜひ参加させていただきたいです」と希望を明かした。

 カレンダーの発売は今回が初めての磯村。実物を見ながら「思ったよりも大きい。24時間監視されてるような感じですよね(笑)」と笑い、貼ってほしい場所を聞かれると「カレンダーというとトイレのドアに貼ってあるイメージですが、部屋のベッドやデスクの横など、すぐ見えるようなところに貼っていただきたい」と。

 カレンダーは磯村自らプロデュースしたということで「企画の段階から加わって、コンセプトを話し合いながら作りました。季節感は大事だなと思ったので、衣装の雰囲気やロケーションはよく話し合いながら決めて、めくるごとに違う表情が見られるように、バランスよく楽しめるように作りました」とアピール。お気に入りは、磯村が傘を片手に佇む5~6月のカットだそうで、「梅雨ということで雨を降らしながら撮りました」とこだわりを明かした。

 撮影ではハプニングもあったそうで「9~10月は“濡れ系”の写真なんですけど(笑)、当初は上半身裸の予定で、現場でも裸で撮ってたんです。でも、カメラマンさんから“あまりにエロすぎる。シャツを着るぐらいがそそられると思う”と言われまして(笑)、急遽シャツを準備して撮りました」と、笑い交じりに上裸カットのお蔵入りを残念がっていた。

「磯村勇斗 2018年カレンダー」は発売中。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える