• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

クライマックス間近!「銀河英雄伝説 第四章 前篇 激突前夜」をお見逃しなく!!

左から貴水博之、西岡徳馬、河村隆一、間宮祥太朗、渡辺裕之

 舞台「銀河英雄伝説 第四章 前篇 激突前夜」の公開舞台稽古が、11月28日(木)、東京国際フォーラムホールCで行われ、直前の囲み取材に河村隆一、間宮祥太朗、貴水博之、渡辺裕之、西岡徳馬が登場した。

 2013年11月29日(金)~12月2日(月)の4日間限定で上演されるこの舞台は、2011年から続いてきた同舞台シリーズの第9弾にして、来年2月に上演されるシリーズ最終章「激突」(演出:崔洋一)につながる壮大な物語。

 大好きなヤン・ウェンリー役で普段とは全く違う姿と声色を見せている河村隆一は「田中芳樹先生が描いた現代の縮図である銀英伝の中でも、この激突前夜、そして次回の激突で描かれるのは僕らファンが一番盛り上がるところ。みんながそれぞれの正義を持っているのですが、僕が演じるヤンは戦争の天才でありながら、戦争を利用する政治家を嫌う側面を持つ毒舌家で、養子ユリアンの初陣に複雑な心情を持つ親でもある。平和の大切さを感じてください」とコメント。

 ヤンと敵対する不世出の天才ラインハルト・フォン・ローエングラム役の間宮祥太朗は、「1年間ラインハルトを演じてきて、最初は分からなかったことも見えてきた感覚があります。今回の舞台だけでも楽しめるし、キャラクターに感情移入することもできますが、お客様にも全体像を俯瞰で見るようにしてもらったらさらに面白いと思います。次の『激突』に向けて回り始める歯車を感じてください」と。また、「無二の親友キルヒアイスを失ってからを演じるのは今回が初めて。キルヒアイスの存在を感じさせる見せ方をしたい」と決意を語った。

 第一章から通算4回目の出演となるパウル・フォン・オーベルシュタイン役の貴水博之は「宇宙での艦隊戦を含む壮大な物語を舞台で表現するのは大変だったと思いますが、第一章から試行錯誤しながらみんなで形にしてきました。それが一つの完成形にたどり着く来年2月の公演に向かっての一幕。これを見逃すと大変なことになるので必ず皆さんに宣伝してください(笑)」と。さらに「オーベルシュタインは普段『意外といい人だったんだね』と言われる僕と違って冷徹な役。今回初めて女性と対峙するシーンがあるのですが、そこも冷徹モードで頑張ります」と語って笑わせた。

 銀河帝国から同盟に亡命した有能な将官ウィリバルト・ヨアヒム・フォン・メルカッツ役の渡辺裕之は「銀河帝国と自由惑星同盟双方の群像劇の中で、緻密に調べられた哲学、人間関係、歴史などの現象が描かれている本当にすばらしい原作。中でも政治に関しては、例えば今話題の秘密保護法案のようなことも出てくる。時代の先を読んでいるのか人間は歴史を繰り返すのか分かりませんが、そうして今生きている世の中に当てはまる縮図となっている。僕でさえ感じるものがあったのだから、皆さんも感じるものがあると思います。演出のヨリコジュンさんによる映像と舞台のコラボレーションも見どころのひとつです」とPR。

 前回はヤンの恩師シドニー・シトレ役で出演、今回は第三の国・商業国家フェザーンの元首アドリアン・ルビンスキーを演じる西岡徳馬は「対立する両国に武器を提供して漁夫の利を得るという、現代に通じる黒幕的な役。ニヒリスティックに演じたいですね」と。さらに、今回の舞台で描かれる物語について、「戦争が始まる寸前っていうのは、どうして戦争が起きてしまったのかというドラマ性があって一番面白いところ。なのに残念ながら上演期間が4日間だけなので、僕らも最初から最後まで全力で行きます。絶対にお見逃しのないように」と。

 続いての質問コーナーで河村隆一は、間宮祥太朗について「年齢は僕の半分なのに、僕よりずっと大人。稽古初日からせりふを全て覚えてきて、トチったことがないし、会場に入ってからも稽古時の“クールな王子様”からテンポを意識して変えて進化させている。只者じゃない」と絶賛。

「プレッシャーかけるのやめてください、ゲネプロでトチったらどうしよう!」と笑いを取った間宮は「キルヒアイスがラインハルトを見るためのフィルターだとしたら、ヤンは鏡。映り方は違うけど、思いは一緒なんです。こんなに一緒に同じ舞台をやってきてるのに舞台上で会うことがないので、2人が交わっていれば銀河の歴史は変わっていたと思う」と真剣に告白。

 河村も「僕らは仲良く出来るのに、どうしてもこの悪いおじさん(西岡徳馬演じるルビンスキー)がね…」と語ると、西岡は「戦え戦え、儲けるぞー」と役になりきって回答。さらに、「ルビンスキーは本当は妖怪のような異様な悪役なのに、西岡さんが演じるとどこかかっこいいから、ファンの皆さんは驚くかも。ファッションも独特でおしゃれだしね」という河村に、西岡が唐突に「なんか妖怪?」とギャグで返すなど、本編とは違う和気あいあいとしたムードで囲み取材は終了。

「銀河英雄伝説 第四章 前篇 激突前夜」は、2013年11月29日(金)~12月2日(月)に、東京国際フォーラム ホールCで上演(S席 9,500円/A席 8,500円)。また、ニコニコ生放送でも有料配信が決定している。

<ニコニコ生放送 有料配信>
1.舞台『銀河英雄伝説 第四章 激突前夜』
12/1(日)昼公演 河村隆一スペシャルコメント付き
【配信日時】2013年12月14日(土)21:00~
【価格】1500pt(1pt=1円)
【URL】http://live.nicovideo.jp/watch/lv159332397

2.舞台『銀河英雄伝説 第四章 激突前夜』
12/1(日)夜公演 間宮祥太朗スペシャルコメント付き
【配信日時】2013年12月21日(土)21:00~
【価格】1500pt(1pt=1円)
【URL】http://live.nicovideo.jp/watch/lv159332734

※コメント入力は生放送視聴時のみ可能
※ネットチケットは2014年1月5日(火) 23:59まで購入可能
【購入方法】http://info.nicovideo.jp/netticket/
※視聴には「niconico」への会員登録(「プレミアム会員」または「一般会員」)が必要

舞台「銀河英雄伝説 第四章 前篇 激突前夜」(http://www.gineiden.jp/zenya/
【期間】 2013年11月29日(金)~12月2日(月)全7公演
【会場】 東京国際フォーラム ホールC(東京都千代田区丸の内3丁目5-1)
【出演】 河村隆一 間宮祥太朗
天宮良 石坂勇 伊藤哲哉 宮本大誠 迫英雄
岡田亮輔 玉城裕規 岩永洋昭 はねゆり 三上俊 廣瀬大介 長江崚行 赤木悠真
福山翔大 スガマサミ 佐藤和久 bable 大力
一ノ瀬ワタル 玉城大輔 伊藤孝太郎 橋本全一 福田裕也 宮本翔太
貴水博之 渡辺裕之 西岡德馬 ほか
【公式Twitter】 https://twitter.com/gineiden_stage

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える