• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

待望のスピンオフ『ブラックリスト リデンプション』日野由利加、荻野晴朗、浪川大輔が続投決定

『ブラックリスト リデンプション』 「ブラックリスト」シリーズ待望のスピンオフ作品『ブラックリスト リデンプション』が、海外ドラマ専門チャンネル「スーパー!ドラマTV」で12月11日(月)より独占日本初放送。本家「ブラックリスト」で悪役の日本語吹替を担当した日野由利加、荻野晴朗、浪川大輔が本作でも続投することが決定し、3人からのコメントが到着した。

 本作の主人公は、「ブラックリスト」のヒロイン・エリザベスの理解ある夫として登場したものの、実は国際的に暗躍する工作員だったことが判明したトム・キーン。本作ではトムの生き別れた母親スーザン・“スコティー”・ハーグレイヴの指揮の下、トムと妻エリザベスの命を狙った冷酷な暗殺者マティアス・ソロモンら悪役だった“ブラックリスター”たちとチームを組み、政府が関与できない陰謀に挑む。

<コメント>
■日野由利加/スーザン・“スコティー”・ハーグレイヴ役
私が演じるスコティーはクールビューティーで存在感があるので、彼女がいることで作品が華やかになっているなと思います。本作では彼女は組織のリーダーとしての使命感というよりも、夫に対する女性らしさや息子であるトムに対する母性に動かされることの方が多い気がします。今回、本家「ブラックリスト」では見られなかったスコティーの弱い部分が見えるのが見どころだと思います。

■荻野晴朗/トム・キーン役
本家「ブラックリスト」よりもさらにスタイリッシュなスパイドラマになっていて、テンポの速さやスピード感にもキレがあると思います。本家ではトムはエリザベスの夫というところで穏やかでありつつも、幼い頃から工作員として訓練されていたことからどんな状況でも動じないキャラクターとして話すようにしていたんですが、今回は自分の出生に関わることに触れたり、自分の本当の母親に会うことで、喜びや怒りといった感情が揺れるところを意識して臨みました。

■浪川大輔/マティアス・ソロモン役
本家の「ブラックリスト」は銃撃戦や爆破シーンなど豪快な印象があるのですが、本作に関しては作戦一つにしても、人間関係などが細かく丁寧に描かれているなと思います。ソロモンは本家ではエキセントリックで派手な演出が多かったのですが、今回のスピンオフではソロモン役のエディ・ガデギも演技の仕方が変わっていて、少しクセのある話し方をしているので、似たような雰囲気を出すために声の出し方などを真似して演じるように意識しました。

『ブラックリスト リデンプション』
スーパー!ドラマTV
12月11日(月)22:00~(全8話)

製作総指揮:ジョン・ボーケンキャンプ、ジョン・アイゼンドレイス、デヴィット・アマン
キャスト:スーザン・“スコティー”・ハーグレイヴ:ファムケ・ヤンセン(声:日野由利加)、トム・キーン:ライアン・エッゴールド/(声:荻野晴朗)、マティアス・ソロモン:エディ・ガテギ/(声:浪川大輔)、ネズ・ローワン:タウニー・サイプレス/(声:福田如子)、デュモント・デ・ソート:アドリアン・マルティネス/(声:島田岳洋)、ハワード・ハーグレイヴ:テリー・オクィン/(声:麦人)

<ストーリー>
FBI捜査官の妻・エリザベス、娘・アグネスとともに新しい生活をスタートしていた潜入工作員のトム・キーン。ある日死んだはずの父ハワードから連絡があり「妻スコティーの会社ハルシオン・イージス内部に潜入し、スコティーの信頼を得て彼女の秘密を探ってほしい」と告げられる。息子だと名乗らないままハルシオン・イージスの秘密傭兵組織のメンバーとしてスコティーに雇われたトムは、妻エリザベスを殺しかけた仇のマティアス・ソロモン、様々なスキルを要する有能な工作員ネズ・ローワン、サイバー操作によって不可能を可能にする天才ハッカー、デュモント・デ・ソートらチームとともに誘拐されたCIAエージェントの救出に挑むが…。

©2017 Sony Pictures Television Inc. and Universal Television LLC. All Rights Reserved.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える