• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「前回は私が迷惑をかけたので…」工藤夕貴が『山女日記』続編の撮影で猛省!?

山女日記

 10月29日(日)放送のプレミアムドラマ『山女日記~山フェスに行こう・常念岳~』(BSプレミアム)の試写会が行われ、工藤夕貴、黄川田将也、黒谷友香が出席。会見の途中には、作中にも出演する工藤が実際に飼っている愛犬・ハニー(スタンダードプードル・3歳のメス)も登場した。

 山ガールたちが抱える問題やさまざまな思いが描かれる本作は、現代女性の心情を捉えた湊かなえの原作小説をドラマ化した『山女日記~女たちは頂を目指して~』の続編。今回は山フェスで“アルプスの女王ツアー”に参加するワケあり登山者たちと、ガイド・柚月(工藤)の新たな愛の行方を絶景とともに描く。

 前作に続き主人公の登山ガイド・立花柚月を演じる工藤は「山の神様に守られたんじゃないかなと思うくらいに最高の撮影ができました。途中、風速25mの日もあり苦労しましたが、その分絆が深まり、素晴らしいチームワークが生まれました」と振り返った。さらに「山仲間として『山女日記』という作品に関わることができて、心から幸せな気持ちです。地元の方、山小屋の方、登山者の方とたくさん方々の協力があって作られたドラマだということを皆さんにお伝えできたらと思います」と語った。

 黄川田も「山の天気はころころ変わりやすいので、それを見ながら撮影をすることの大変さと、スタッフさんのプロフェッショナルな姿、俳優が一丸となってみんなでせりふ合わせをしたり、いつでも困らないように最高のパフォーマンスができるようにというのを経験できたことが本当に宝になりました」と胸を張った。

 いっぽう、本作からシリーズに出演し、撮影で初めて登山をしたという黒谷は、「本当に大変だったのですが、そのおかげで役者同士の絆も深まりましたし、山からいろんなことを教わった気がして本当にすてきな体験でした」と。「(登山は)自分自身が見えすぎるくらいに怖くもあり、それを経験することは生きている上で大事なことなんだなと思いました。プライベートでも登って、もう一度自分という人間はどういう人間なのか確認したい」と山の魅力にとりつかれた様子。

 前作の撮影でけがを負い、「けがをしてから非常に謙虚になり、足元には必ず注意して、おまけに世話焼きおばさんのように、人にまでうるさくなっている自分がいて…」と恐縮する工藤。黒谷から「(工藤さんに)すごく助けられました。ドラマ以外のところでも皆さんをケアしていただいて」と感謝されると、「前回は私が迷惑をかけたので、今回はみんなには元気に降りてきてもらいたいと思って」と山女としての顔ものぞかせた。

 プライベートでも登山を楽しむ工藤に“一番好きな山”について尋ねると、「その時、登った山が一番に感じるんですが、やっぱり大変な山ほどすごくいいんですよね。今回登らせていただいた燕岳は圧巻に美しい山だと思います」と今回の舞台をアピール。「1つだけ選ぶのは難しいですけど、北岳も五竜岳も富士山も大好きです。いっぱい好きな山はあるんですけど、話すと長くなるので…」とはにかんだ。

 プレミアムドラマ『山女日記~山フェスに行こう・常念岳~』は、10月29日(日)BSプレミアムで後10・00から放送。11月5日(日)には後編『山女日記~アルプスの女王・燕岳~』を放送する。

プレミアムドラマ『山女日記~山フェスに行こう・常念岳~』
10月29日(日)BSプレミアム 後10・00~10・59
プレミアムドラマ『山女日記~アルプスの女王・燕岳~』
11月5日(日)BSプレミアム 後10・00~10・59

出演:工藤夕貴、黄川田将也、かたせ梨乃、夏菜、黒谷友香、黒川芽衣ほか
原作:湊かなえ
脚本:吉川次郎
音楽:窪田ミナ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える