• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

円谷プロ×WOWOWプロジェクトの第2弾がスタート

(C)円谷プロ

 円谷プロ50周年とWOWOWとのコラボレーションプロジェクトは、2011年6月スタートの「ウルトラQ」、2012年8月の「ウルトラマン」、同年12月の「ウルトラセブン」と、これまで「ウルトラマンシリーズ」のハイビジョンリマスター版の放送で大好評を博してきた。そして今年の年末から2014年の年始を皮切りに、「第2期ウルトラマンシリーズ」のハイビジョン放送をスタートさせる。

“ウルトラ兄弟”の設定が確立するなど、シリーズの人気を決定的なものにした「帰ってきたウルトラマン」(1971~1972年放送)、「ウルトラマンA」(1972~1973年放送)、「ウルトラマンタロウ」(1973~1974年放送)、「ウルトラマンレオ」(1974~1975年放送)の4作品がラインナップ。大人気シリーズの復活に期待が高まる。

【ラインナップ】
12月29日(日)~2014年1月4日(土)前9:00~(全51話)
「帰ってきたウルトラマン ハイビジョンリマスター版」
後に続く3作品と合わせた“第2期ウルトラマンシリーズ”の幕開けとなった重要作。怪獣攻撃隊・MATに入隊した郷秀樹の戦いを、濃密な人間ドラマを交えて描く。「ウルトラセブン」の放送終了から3年後となる1971年にスタートした「第2期ウルトラマンシリーズ」第1弾。主人公の青年・郷秀樹がMAT隊員として、ウルトラマンジャックとして怪獣から地球を守る戦いを描く。これまであまり触れられなかった主人公の私生活や、ウルトラマン=郷秀樹が見せる人間的な葛藤や弱さを描いているのも本作の特徴。中盤でウルトラセブンから授けられる、「ウルトラブレスレット」を駆使したさまざまな必殺技も見ものだ。

2014年3月予定(全52話)
「ウルトラマンA ハイビジョンリマスター版」 
第2期ウルトラマンシリーズ2作目。怪獣より強い「超獣」を操る謎の異次元人ヤプールによる地球侵略に立ち向かう、ウルトラ5番目の兄弟・ウルトラマンAの活躍を描く。1972年スタートのシリーズ第2弾。謎の異次元人ヤプールが送り込む超獣と、ウルトラマンA(エース)との闘いを描く。北斗星司と南夕子が右手にはめたウルトラリングを合わせることでエースに変身する、男女2人による“ウルトラタッチ”が話題に。ウルトラの父や、ゾフィーを長兄とするウルトラ兄弟も勢ぞろいし、エースとともにエースキラーやヒッポリト星人といった強敵に立ち向かった。

2014年夏予定(全53話)
「ウルトラマンタロウ ハイビジョンリマスター版」
円谷プロ創立10周年記念作品として1973年に放送され、“ウルトラファミリー”の概念を打ち出した意欲作。ウルトラの父と母の実子・タロウの活躍を描く。1973年に放送をスタートしたシリーズ第3弾にして、円谷プロ創立10周年記念作品。ウルトラの父とウルトラの母の実子・タロウの戦いを描く。前作で月に帰った南夕子と、怪獣を臼に見立てて行なった餅つきや、ウルトラの父が巨大なサンタクロースの姿で登場するなど、コミカルな演出も特徴。主人公が所属する宇宙科学警備隊・ZATのメカの人気も高い。バードン、テンペラー星人、タイラントなど強敵も数多く登場した。

2014年冬予定(全51話)
「ウルトラマンレオ ハイビジョンリマスター版」
故郷の星を滅ぼされ地球へやって来た宇宙人・ウルトラマンレオの活躍を描く、第2期ウルトラマンシリーズ4作目。前作までのテイストを大胆に変えたハードな展開が見もの。1974年より放送されたシリーズ第4弾。前作までのウルトラ兄弟がM78星雲出身だったのに対し、レオは宇宙人に故郷・L77星を滅ぼされ、地球に来たという設定を持つ。宇宙拳法の使い手で、特訓シーンも多く、光線技よりも蹴り技などが中心になっているのも特徴だ。宇宙パトロール隊MACの隊長にして変身能力を失ったウルトラセブン=モロボシ・ダン、レオの双子の弟・アストラやウルトラマンキングも登場する。

円谷プロ×WOWOWプロジェクト第2弾スタート!WOWOWがネットからの加入申し込みですぐ見られる!
 

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える