• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

メンバーがどんどん引退するBiSの赤裸々映画「アイドル・イズ・デッド2」舞台挨拶

映画「アイドル・イズ・デッド-ノンちゃんのプロパガンダ大戦争-」舞台挨拶付き完成披露試写会の模様

 映画「アイドル・イズ・デッド-ノンちゃんのプロパガンダ大戦争-」の完成披露試写会が11月26日(火)に東京・シネマート六本木で行われ、アイドルグループのBiS(プー・ルイ、ヒラノノゾミ)、柳英里紗、金子沙織、國武綾、大島葉子、三輪ひとみ、加藤行宏監督が登壇した。

「MOOSIC LAB 2012」という音楽と映画のコラボレーション映画祭から生まれた半分実話のような映画「アイドル・イズ・デッド」の第2弾。

 BiSのプー・ルイは「不吉なタイトルどおり、映画が公開されるごとにメンバーが辞めていってしまい、今はここにいる2人が残っているだけです。ライブシーンももちろんですが、元メンバーで今は一般人のミッチェル(ミチバヤシリオ)が普段とは違う姿になっていてかわいいので、注目してほしいですね!」と。

 同じくBisのヒラノノゾミも「今回も現実とリンクするようなパラレルワールドなんですが、BiSを知らない方も楽しんでいただけると思います。とりわけライブシーンが前回に引き続き、とても印象的で素敵なものになっています!!」とコメント。

 柳英里紗は「1がすごく面白くてBiSちゃんのファンになって、ライブなどに行ったりしていたのでお話をいただいてすごくうれしかったです。見どころはやっぱりBiSちゃんですね。ライブシーンが素敵だし、BiSファンの研究員の方々のコミュニケーションや関係性に愛を感じる作品。私は初めて悪役をやらせてもらって、BiSのライバル・エレクトリック★キスのカズハ役として、一生懸命練習して歌もやったのでそれを見てください」と。

 同じくエレクトリック★キスのアキナを演じる金子沙織は「私は元々『バンドじゃないもん!』というアイドルグループのメンバーだったんですけど、BiSちゃんとライブで共演もしているし、ファンなので、すごくうれしかったのと、ライバル役として、ここまで立派な曲とダンス、振付を指導していただいたのが、予想外で、すごいお得で楽しかったです」と語った。

 謎の存在・コッピを演じた國武綾は「コッピに限らず、つっこみどころが多く、その反面、おすすめや見どころの多い映画でもあるのでどうぞよろしくお願い致します」と。

 ウメコ役の大島葉子は「普段、幸薄い暗い役が多いので、多分この映画に出演していること自体が皆さん驚きだと思うんですけど、本当に楽しく出演させていただきました。最後のライブ撮影シーンは、低予算でこんなシーンが撮れるのかという凄いものになっていると思います。私はそこでモッシュというものを初体験しました。酸欠になりながらも頑張りましたので観てください」とPR。

 タケコ役の三輪ひとみは「ウメコ役の大島さんと二人で元アイドルを演じたので、過去のシーンはかわいくがんばりましたよね!ばれないように、工夫しつつ。台本上、激しいバトルや大立ち回りが色々あったんですが、幻のシーンになっているという噂もあり、なくなっているかもしれないです(笑)」と語って笑わせた。

 映画「アイドル・イズ・デッド-ノンちゃんのプロパガンダ大戦争-」は、2014年1月11日(土)公開。
「アイドル・イズ・デッド ノンちゃんのプロバガンダ大戦争」公式サイト(www.idolisdead.com/
「アイドル・イズ・デッド2(IDOL_IS_DEAD2)」公式Twitter(https://twitter.com/IDOL_IS_DEAD2
BiS(新生アイドル研究会)公式サイト(www.brandnewidolsociety.org/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真

タグ