• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

作・唐十郎×演出・蜷川幸雄の伝説の舞台を2週連続放送

撮影:蜷川実花

 WOWOWライブは、作・唐十郎、演出・蜷川幸雄という日本演劇界の2人の巨人による伝説の舞台を12月21日(土)と28日(土)の2週連続で放送する。

 12月21日(土)は「盲導犬 蜷川幸雄×古田新太×宮沢りえ×小出恵介×木場勝己」(後9・00)、28日(土)は「唐版 滝の白糸 蜷川幸雄演出 大空祐飛×窪田正孝×平幹二朗」(後9・30)。

「盲導犬」は、1973年に蜷川の演出で初演。1989年に次いで今回で3度目の上演となる。伝説の盲導犬を探す盲人役に古田新太が、コインロッカーに初恋の相手への思い出を入れた未亡人役に宮沢りえが、そして古田とともに盲導犬を探すフーテンの少年役に小出恵介。1970年代の傑作に新たな風を吹き込んだ作品になっている。(収録日/2013年7月19日 収録場所/東京 シアターコクーン)

「滝の白糸」は、作家・泉鏡花の耽美的な原作「義血侠血」に着想を得て、1975年に作家・唐十郎が書き下ろし初演された戯曲。大掛かりな舞台装置が要されるため、蜷川演出初演時は大映の東京撮影所で行なわれたほど。その後、1989年の日生劇場、2000年のシアターコクーンを経て、今回で4度目の上演。蜷川が「死ぬ前に何としても再演したかった」と言うほどの代表作。元宙組トップスター・大空祐飛主演。若手注目俳優・窪田正孝、唐作品初出演となる日本演劇界の重鎮・平幹二朗らがラインナップ。哀しくも狂おしい叙情感が込められたセリフの数々、そしてクライマックスの壮大な水芸など、“演劇スペクタクル”と絶賛された伝説の作品が13年ぶりに復活する。(収録日/2013年10月15日 収録場所/東京 シアターコクーン)

作・唐十郎×演出・蜷川幸雄の伝説の舞台を2週連続放送!WOWOWがネットからの加入申し込みですぐ見られる!
 

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真