• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

プロ野球日本シリーズで人工知能“ZUNOさん”と投球予測バトル!

プロ野球!投球予測バトル2017 10月29日(日)にBS1で中継されるプロ野球・日本シリーズ第2戦「ソフトバンク」対「DeNA」で、視聴者が中継映像に合わせて人工知能と投球予測対決ができるコンテンツがNHKのホームページ(http://www4.nhk.or.jp/zuno-san/)で公開される。

 投球予測をするのは、NHKと電通がプロ野球解説用に共同開発したAI「ZUNOさん」。「ZUNOさん」は中継映像に合わせて1打席毎、1球ごとに投手がどの球種をどのコースに投げるかを予測し、ホームページにリアルタイムで表示。視聴者も専用のWEBページで自分の投球予測を投票し、AIと自分どちらの正答率が正しいのかを競う。

 「ZUNOさん」は、データテクノロジーを利用してNHKと電通が共同開発した、スポーツ解説システム。「ディープラーニング」の技術を応用し、2004年から記録されている300万球を超える打席データを学習することで、配球や勝敗、順位などを予測する。

 さらに、データマイニングを応用することで、これまで人間の解説者では見つけることのできなかった選手の傾向や試合状況に応じた投球の解析などを行う。現状できることは「順位予測」「勝敗予測」「投球予測」「データマイニング解説」。

 投球予測では、過去のデータから機械が「特徴」を見つけ出し、次に起こることを予測する「ディープラーニング」の技術を応用。入力に用いたのは、 2004年以降のプロ野球328万1,227球分の打席データ。入力には、球数、カウント状況、出塁状況、バッター左右、ピッチャー左右、点差、コース別長打率など、 40以上の指標を使い、出力は13分割された「投球コース」と「球種」の二つの指標で行う。投手が直前に投げた球と打席の状況を分析し、次に投げる球を予測している。

プロ野球・日本シリーズ「ソフトバンク」対「DeNA」
BS1
10月29日(日)午後6:15~

プロ野球!投球予測バトル2017:http://www4.nhk.or.jp/zuno-san/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真