• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

増田俊樹「夢の国のキャラをやりたい」

『セカイ系バラエティ 僕声』 『セカイ系バラエティ 僕声』のプレミアムトークショーが開催され、番組に出演する声優の増田俊樹、監督の住田崇、イベントのMCを務めるハライチ・岩井勇気が登壇した。

  『セカイ系バラエティ 僕声』は、人気声優陣がドラマやコント、歌などさまざまな映像表現に挑戦する番組。前編(全3話)がGYAO!で12月22日(金)より、後編(全2話)がWOWOWで2018年1月5日(金)より放送される。

 イベントでは、『増田俊樹に聞きたい○○なこと』のコーナーが行われ、“いつかやってみたいキャラクターは?”の質問に、「すっごい大きなこと言っていいですか?!皆の夢の国のキャラクターやりたいっすよね~」と答える増田。「そういう夢は絶対みんな持っていますよ!マスコットキャラクターをやりたいなって思います。未来が保障されるやつ(笑)それだけでおまんまが何杯食べられるか…」と熱弁し、「普段、僕たち生身の人間が絶対に演じることのできない、2頭身キャラや動物を唯一演じることができるのは声優ならではなんじゃないのかな」と語った。

 また、“声優をやっていて最大のピンチは?”との質問に「体調も万全だし、お芝居もできる、なのに、花粉とかアレルギーとかで鼻が詰まっちゃったりして、鼻声になると、それでもう仕事ができない、決まらない。っていうのは声優ならではの一番の失敗かな。ちっちゃいようでおっきい失敗です」と振り返った。

 MCの岩井から花粉症ですか?聞かれると、慢性鼻炎のハウスダストアレルギーと打ち明けた増田。そのケアについては「僕はちょっとでも鼻が詰まったら、飲む薬持っていたり、吸入器を持参していたりとか、どんなときがあってもすぐに対処できる状況ってのは、大体の役者さんはみんな持っていますよね」と。他にも、家には空気清浄機が3、4台あると明かし「寝てるときは一番無防備ですからね、夢は寝室を無菌室みたいなのにしたい」と笑顔で語った。

 さらに“自分だけの特別な練習方法とかありますか?”という質問に「以前、家で本気の声で練習していたら、ピンポーン!ってチャイムが鳴って、ドアノブ覗いてみたら、青い服着て腰元に拳銃を携えた方がですね、僕の家のドアの前に立っていて、本当にしびれましたね…(笑)」と苦笑い。「あ、俺捕まるって思いましたね。一度だけやっちゃいました、最近は控えるようにしています。だから、家に防音施設の付いたスタジオが欲しいです」と明かした。

 最後に、増田は「映像においてどういうことをお客さんに伝えられるのか、監督の面白さっていうのはどういう風に伝えられるのか、監督もスタッフ陣もみんな挑戦的姿勢で臨んでいるので、決して守る姿勢ではなくて、攻めの姿勢でいきたいと思いますので、皆さんも、『え?こういうことやるんだ?』ってことが続いていくかもしれませんが、一応最後まで見ていただきたいです」と。

 住田監督は「今までないジャンルのトライなので、とりあえず面白いことはお約束します。声優さんの今まで見たことのない一面が出せればいいなと思います」とメッセージを送った。

GYAO!『セカイ系バラエティ 僕声』前編(全3話)
12月22日(金)より毎週金曜1話ずつ、無料配信開始

公式サイト(GYAO):https://gyao.yahoo.co.jp/special/bokukoe/

WOWOW『セカイ系バラエティ 僕声』後編(全2話)
2018年1月5日(金)より毎週金曜1話ずつ、無料配信開始

公式サイト(WOWOW):http://www.wowow.co.jp/bokukoe/

出演:武内駿輔、浪川大輔、西山宏太郎、増田俊樹、森久保祥太郎、鈴木達央
監督:住田崇
脚本:オークラ
制作:SWEAT
製作:「僕声」プロジェクトパートナーズ(WOWOW/GYAO)

©2017「僕声」プロジェクトパートナーズ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える