• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

松居大悟監督の最新作「アイスと雨音」東京国際映画祭レッドカーペットに登場

「アイスと雨音」 松居大悟監督の最新作「アイスと雨音」のメインキャストが第30回東京国際映画祭のレッドカーペットに登場した。

 日本映画スプラッシュ部門に選出された本作では、オーディションで選ばれたキャストたちが集合。作品内でも衣装を手掛けている気鋭の若手ファッションデザイナー・KEISUKEYOSHIDAがキャストたちのレッドカーペットのオリジナル衣装を担当し、晴れ舞台を華やかに彩った。また。その様子を本作でドキュメント撮影を担当している映像作家のエリザベス宮地が撮影した。

 本作は、実際の出来事を基に、“現実と虚構”“映画と演劇”の狭間でもがく若者たちの1か月間を、74分ワンカットで描いた青春譚。少年少女たちの覚悟を後押しするような劇中の音楽を、2人組のヒップホップバンド・MOROHAが生演奏している。また、第30回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門に選出されている。
 
 
 本作は、予定していた演劇が中止になるという松居監督自身の経験を基に、“現実と虚構”“映画と演劇”の狭間でもがく若者たちの1か月間を、74分ワンカットで描いた青春譚。東京国際映画祭で上映された後、第27回映画祭TAMA CINEMA FORUMで、11月25日(土)に特別先行プレビューが行われ、2018年春に、渋谷ユーロスペースほかで順次ロードショーされる。

<KEISUKEYOSHIDA コメント>
今回は映画祭でレッドカーペットを歩くという晴れ舞台なので、『アイスと雨音』の世界観と、思春期の子達の自然体な装いの空気感は大事にしながら、気張ったかっちりとした感じや、ドレッシーなヘアとメイク、また、どこか日常を超えてファンタジーになるように意識しました。
僕も普段日本の思春期の子達に想いを馳せてコレクションを作っています。
思春期真っ最中の彼らが僕のこれまで作った服をまぜこぜにした装いで、堂々とレッドカーペットを歩くさまには胸が熱くなりました。
このレッドカーペットは彼らにとって一生の思い出になると思いますし、いろんな意味でスタートラインのような、先が長く続く道のようにも思えました。
こんな機会に衣装提供とスタイリングというかたちで関わることができて光栄です。

「アイスと雨音」
2018年春渋谷ユーロスペースほか順次ロードショー

<ストーリー>
私たちの青春は、もう止まらない。
2017年、小さな町で演劇公演が予定されていた。イギリスの戯曲を日本で初上演する。戯曲は、世界の演劇シーンで注目を集めるイギリスの劇作家 Simon Stephensの「MORNING」。親友が町を出ていくことをきっかけに、鬱屈からの夜明けを描いた物語。
オーディションで選ばれ、初舞台に意気込む少年少女たち。しかし舞台は、突如中止になった。「ねぇ、稽古しようよ」と、ひとりの少女が言い放つ―

監督・脚本:松居大悟(「アズミ・ハルコは行方不明」「私たちのハァハァ」)
音楽:MOROHA
配給:SPOTTED PRODUCTIONS
製作:「アイスと雨音」実行委員会

出演:森田想、田中怜子、田中偉登、青木柚、紅甘、戸塚丈太郎、門井一将、若杉実森、利重剛、MOROHAほか

公式HP:http://ice-amaoto.com/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える