• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

小南光司「僕らもきらめきたい」舞台「KING OF PRISM」東京公演が開幕

舞台「KING OF PRISM -Over the Sunshine!-」東京公演 舞台「KING OF PRISM -Over the Sunshine!-」の東京公演が、11月8日(水)AiiA 2.5 Theater Tokyoで開幕。これに先立ち、メインキャスト6名による合同インタビューとゲネプロが行われた。

 『KING OF PRISM』初の舞台化となる本作。橋本祥平(一条シン役)、小南光司(神浜コウジ役)、杉江大志(速水ヒロ役)、大見拓土(仁科カヅキ役)ら若手キャストが、舞台ならではの仕掛けや演出で本作の見どころ“プリズムショー”をリアルに表現する。また、劇場版で話題となった“応援上映”を舞台でも引き継ぎ、観客と一体となって舞台を作る“応援上演”に挑戦する。

 一条シン役の橋本祥平は、11月2日~5日で行われた大阪公演を振り返り、「舞台が始まる前に劇場版アニメの応援上映に参加したのですが、お客様のパワーに圧倒されました。同じように舞台も応援してくれるのか不安でいっぱいでしたが、大阪初日千秋楽でスタンディングオベーションしていただいて、この瞬間のために稽古をやってきて良かったとしみじみ実感しました」と。

 神浜コウジ役の小南光司は、自身の見どころについて「神浜コウジは普段やさしいお兄さんなんですが、一条シンとのレッスンでは厳しい面を見せるなど二面性があります。中でも『一条シン!』と叫ぶシーンは僕自身見どころだと思いますのでぜひ見てください! 」とアピールした。

 速水ヒロ役の杉江大志は「コウジがハリウッドへ旅立つシーンが見どころです。本作は歌やダンスが多いのですが、その場面は数少ないお芝居シーンでもあります。ぜひ注目してもらいたいです 」と。仁科カヅキ役の大見拓土は「大和アレクサンダーと『EZ DO DANCE』の曲でダンスバトルをするシーンを注目してほしいです。本公演の中でも一番歌とダンスが激しいシーンになっています! 」と意気込んだ。

 大和アレクサンダー役のspiは「シュワルツローズ暴君役として、その暴君っぷりを見てほしい。劇場版アニメだと上半身のシーンが多いのですが、品の良さを足元で出そうと思いました」とコメント。最後に劇場版でも鷹梁ミナト役を務めている五十嵐雅は「劇場版アニメを観ていない応援上演が分からなくて怖がっている方は、心を裸にして参加して一緒に楽しみましょう!」 」とメッセージを送った。

<メインキャストコメント>
橋本祥平(一条シン役)
大阪公演でもらったパワーを東京公演にぶつけたいと思います。お客様と一緒に作品を作っている、という気持ちでいますので最後まで声援をよろしくお願いいたします!

小南光司(神浜コウジ役)
世界で一番煌いている町・東京、と言ってもらえるような作品にできるよう僕らもきらめきたいと思いますので、お客様も12日まで煌きに浸ってください!

杉江大志(速水ヒロ役)
劇場版アニメのキャラクターにある魅力をそのままお伝えしたいのと、自分にしか出せない舞台ならではの良さが出ていると思うのでぜひ楽しんでもらいたいです。

大見拓土(仁科カヅキ役)
汗だくになりながら稽古してきましたが、お客さんの声援で本番でしか出せないパワーが出ます。僕たちのプリズムショーでぜひ熱くなってもらいたいです。

五十嵐雅 (鷹梁ミナト役)
劇場版アニメの声優としても参加していますが、舞台版ではアプローチ変えざるを得ませんでした。舞台版鷹梁ミナトを楽しんでもらいたいですし、特にエーデルローズメンバーを歌に合わせて紹介するシーンは特に注目してもらいたいです。

spi(大和アレクサンダー役)
上演後の歌唱パートでは、劇場版アニメで観れなかったような組み合わせのショーが見れます。オリジナル曲も満載なので楽しんでもらいたいです。

舞台公式サイト:kinpri-stage.com

©T-ARTS / syn Sophia / エイベックス・ピクチャーズ / タツノコプロ /「KING OF PRISM -Over the Sunshine!-」製作委員会2017

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える