• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ディーン・フジオカ、黒柳徹子からのオファーで『トットちゃん!』ゲスト出演「とても誇りに思います」

(C)テレビ朝日

(C)テレビ朝日

 俳優のディーン・フジオカが、黒柳徹子の半生を描いたテレビ朝日系帯ドラマ劇場『トットちゃん!』((月)~(金)後0・30)にゲスト出演することが分かった。11月22日(水)放送の第38話に1シーンのみ登場する。

 ディーンが演じるのは、NHK専属俳優時代の徹子(清野菜名)にテレビ女優としての使命や誇りを教えるアメリカ帰りの同局講師・河毛博。グレーのチェックジャケットに黒ベースのネクタイというスタイリッシュな格好で、「テレビジョンによって、世界は永遠の平和を実現できるかもしれない」「あなた方はテレビジョンの成功を導くため、全身全霊で努力しなければなりません」と熱弁を振るい、徹子を「すてき…」とうっとりさせる。黒柳が研修時代に出会った実在の講師をモデルにしたオリジナルキャラクターだ。

 出演は、黒柳たっての熱望で実現。ディーンは「徹子さんから出演オファーをいただき本当にうれしかったです。役者として、一人の人間として尊敬する徹子さんの人生の物語の一部に、短いシーンではありますが登場する機会をいただけたことを、とても誇りに思います」と感激。ディーンとは昨年6月にAmazonプライム・ビデオで配信された連続ドラマ『はぴまり~Happy Marriage!?~』以来の共演となった清野も「今回また再会できたことがうれしかったです。1年半ぶりのディーンさんもかっこよかったです」と喜んでいる。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真