• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

バナナマン日村勇紀「俺、言っとくけどキングオブコントの審査員だぞ!」

『日村がゆく』 無料インターネットテレビ局・AbemaTV(アベマティーヴィー)の「AbemaSPECIALチャンネル」で、『日村がゆく#29~マジックの新しい夜明けを見つけるの巻~その3』が11月15日に放送された。

 11月15日は、前回に引き続き“マジック”の新しい可能性を日村勇紀が開拓。実際にあったマジシャンのアクシデントを紹介するとともに、イケメンマジシャンの巳碧がそのマジックを日村に再現した。

 最初に紹介したマジックのアクシデントは、Mr.マリックが過去に生放送中に緊張のあまり失敗してしまったという“携帯電話をバットで打つ”というマジック。4つの紙袋の中の1つにだけ携帯電話を隠し、それ以外の3つの紙袋をバットで打つということで、2日前に買い替えたばかりだという日村の携帯電話を借りてマジックを再現することに。

 日村は「もぉ~。なんでこんなことやんなきゃいけないんだよ、もう保険使えないのに!」と不満な様子。しかし、巳碧は見事3つのカラの紙袋をつぶし、携帯電話を守ることができた。

 続いて紹介されたのは、ポーランドの朝の情報番組で生放送されたマジック。4つの紙袋の中に1つだけ五寸釘が入っている状態のまま、順番に紙袋を素手で潰していき、最後には五寸釘が入った1つの紙袋を残す。失敗すると“手に釘が刺さる”このマジックに挑戦したポーランドの情報番組の女性アシスタントは、失敗により釘が手を貫通してしまい、全治1か月のけがを負ったという。

 その危険なマジックに挑戦することを巳碧から伝えられると、うなだれながら「なんでやるの?怖え…」と訴える。涙を目に浮かべていた日村だったが、気合を入れ直し、マジックに挑戦。準備された紙袋のどれに釘が入っているのか分からない状況のまま、紙袋に手をかざすものの「怖すぎるって!」と言いながらなかなか紙袋を潰すことができない日村。その後も巳碧の「せーの!」の掛け声で紙袋を潰そうとするが、「待って、待って、これはいけないよ!怖すぎるよ」とまたもや潰すことができない。ようやく潰した後も「俺今まで生きてきた中で一番ドキドキしたかもしれない…」と弱音を吐く日村に、視聴者から多くのコメントが寄せられた。

 番組後半では、女子にモテるマジックを日村に覚えてもらおうということで、手錠を使ったマジックに挑戦。まずは巳碧がお手本を見せてくれるということで、日村が巳碧に手錠をかけ、鍵を締める。絶対に手錠が外れない状態で、日村が巳碧の手にタオルをかけると、タオルの中から手錠を外した巳碧の手が出てくる。あまりの華麗な早業に日村も「かっちょいい!」と感動する。

 その後、仕掛けを教えてもらった日村は、“制限時間30秒以内に手錠を外す” というマジックをすることに。“制限時間内に外せなかった場合は、謎の液体が入った風船が顔の上に落ちてくる”というルールのもと、チャレンジ開始。「よし、いこう!」と意気込んだものの、なかなか手錠が外れず脱出イリュージョンは失敗。ソース、マヨネーズ、かつお節と青のりがそれぞれ入った合計3つの風船が日村の顔を直撃した。

 巳碧にマジックの敗因を聞くと「集中力の問題ですかね…」と答え、ソースでぐちゃぐちゃになった日村は「何が女子にモテるマジックなんだよ!ゲロ吐いたみたいじゃんか!俺、言っとくけどキングオブコントの審査員だぞ!」と文句を言い、スタジオは爆笑に包まれた。

AbemaTV『日村がゆく#29~マジックの新しい夜明けを見つけるの巻~その3』
放送日時:11月15日(水)夜9時~10時
放送チャンネル:AbemaSPECIAL チャンネル

過去放送URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/8TQDEd4kzy6wAw
※過去の放送回は、Abemaビデオで無料で視聴可能

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える