• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

2014年1月元旦は「玉三郎の世界」を堪能

 歌舞伎界の立女形、人間国宝である坂東玉三郎が、自ら芸術監督を務める太鼓芸能集団・鼓童と共演し話題となった10月の京都・四條南座でのステージ「アマテラス」を、2014年1月1日(水)後4・30からWOWOWライブで「坂東玉三郎×鼓童『アマテラス』」として独占放送する。さらにこの日は、「新春特別企画 坂東玉三郎の『美』」をテーマに以下の2作品とあわせて一挙放送する、まさに「玉三郎の日!」になる。

ラインナップは以下。
・2014年1月1日(水)後1・00~
坂東玉三郎の宇宙 PART1 「京鹿子娘道成寺」「楊貴妃」
・2014年1月1日(水・)後2・40~
坂東玉三郎の宇宙 PART2 金丸座「雪」「鐘ヶ岬」「いぶき」   

「アマテラス」は、2006年に初上演された、日本神話を題材とした音楽舞踊劇。坂東玉三郎が太陽神アマテラスを演じる話題作。物語の情景や心理描写を太鼓、笛、箏など鼓童の力強い演奏で表現し、慈愛、悲しみといったさまざまな感情を舞で表現する玉三郎と見事に溶け合う。今作品は玉三郎が作曲を手がけた楽曲も組み込まれ、初演から7年の歳月を経て新たな物語性を完成させた。アマノウズメには宝塚歌劇団の元男役スター・愛音羽麗が抜擢され、華麗な舞を見せている。

収録日:2013年10月
収録場所:京都四條南座
演出:坂東玉三郎
出演:坂東玉三郎、愛音羽麗、見留知弘、辻勝、船橋裕一郎、小田洋介、阿部研三ほか

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える