• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

山崎育三郎、杉野遥亮ら“王子4人”が朗読!癒やしの深夜番組『おやすみ王子』12月放送

『おやすみ王子』 各界のイケメン俳優が、女性作家の書き下ろし作品を朗読する5分番組『おやすみ王子』(Eテレ 12/2(土)深0・45~0・50ほか。全4回)の取材会に、出演の山崎育三郎、杉野遥亮が登壇した。

 この番組は、頑張る女性たちを安らかな安眠へと誘う、大人のための朗読番組。有名女性作家が番組のために書き下ろした短編小説を、イケメン俳優が朗読。「魔法の本屋」を舞台に、店主を山崎育三郎、ベテラン店員を増田俊樹、住み込みで働くスタッフを町田啓太、杉野遥亮が演じる。ネットとも連動し、本編オンエア後、本編とは異なるVR動画を「NHK VR」(http://www.nhk.or.jp/vr/)で配信する。

 “王子”役について山崎は「自分では言ったことないんですけど、一応ミュージカル界のプリンスと呼んでいただけることが多いので(笑)、そういうこともあってこの作品に呼んでいただけたのかな」と笑いつつ「杉野君とは10歳ぐらい離れているし、そろそろ王子も卒業なのかなと。でも、王子と呼ばれるうちはどんどんチャレンジしていきたい」と。杉野は「おやすみ王子として、夜に寝つけない女性たちを癒やしてあげれるのであれば、それは僕の課題だなと。これから収録なので、それを念頭に入れてやりたい」と意気込んだ。

 今回、番組に協力した女性作家陣は「スイーツ」をテーマに作品を執筆。山崎はチョコレートをテーマにした江國香織の「重い扉」、杉野はイチゴのショートケーキをテーマにした角田光代の「ケーキの夢」を朗読する。作品については、それぞれ「読む方によってとらえ方が変わる作品なのでどう伝えたらいいのか悩むところはあったんですが、自分の未来は誰も分からない、でも自分でしか扉を開けない、というテーマが皆さんに伝わればと思います」(山崎)、「主人公の女性が、夢を追って、ある瞬間に変わるというストーリー。見てくれる方も共感してくれる話だと思います。主観的、客観的になったり視点も変わるんです」(杉野)とPRした。

 就寝前、逆に自分たちはどんな言葉を女性にかけてほしいか聞かれると、杉野は悩みつつ「自分が責められたり怒られたりしたときに、すごく寄り添ってほしいです。そういうことが多々あるので…(笑)」と苦笑い。山崎も「励ましてほしい」と答え、続けて「優しい声で『そのままでいいのよ、あなたはあなたしかいないないから』って言ってほしい。そしたらありがとう、って気持ちで眠れます」と、具体的にリクエストし会場の笑いを誘っていた。

Eテレ『おやすみ王子』

#1
12月2日(土)深0・45~0・50
山崎育三郎×江國香織(チョコレート)

#2
12月9日(土)深1・15~1・20
増田俊樹×津村記久子(モンブラン)

#3
12月16日(土)深0・25~0・30
町田啓太×恩田陸(金平糖)

#4
12月23日(土)深0・25~0・30
杉野遥亮×角田光代(イチゴのショートケーキ)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える