• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

竹野内豊×豪華女優陣の「ニシノユキヒコの恋と冒険」主題歌・七尾旅人らコメント

(C)2014「ニシノユキヒコの恋と冒険」製作委員会

 井口奈己監督の新作「ニシノユキヒコの恋と冒険」の主題歌に、七尾旅人が決定し、主演の竹野内豊らからコメントが寄せられた。

 原作は、とめどないこの世に真実の愛を探してさまよったニシノユキヒコの恋と悲しみの道行きを、彼と恋愛関係をもった数々の女性たちの視点から描いた、芥川賞作家・川上弘美による連作短編集の傑作。

 ニシノユキヒコが幅広い世代の女性たちを相手に繰り広げる、華麗でありながらもどこか寂しげな“恋と冒険”を、女性の欲望と解放を品よく貪欲に表現して「人のセックスを笑うな」で評価された井口奈己監督と竹野内豊、そして尾野真千子、成海璃子、木村文乃、本田翼、麻生久美子、阿川佐和子、中村ゆりから豪華な女優陣で描く。

 今回七尾旅人が提供する主題歌のタイトルは「TELE〇POTION」。以前から七尾のライブによく行っていた井口監督からの熱烈なオファーで本作のために特別に用意された楽曲で、監督からのイメージを聞いた七尾のメロディメーカーとしての一面が輝くばかりに発揮された楽曲になっている。

 その楽曲を、日本アンダーグラウンドの才媛である石橋英子とチャットモンチーの福岡晃子、そしてtwitterで一般公募された平成生まれの大平沙季(オトノエ)ら、女性ミュージシャンばかりのバックバンドを結成してレコーディング。これまでの七尾旅人のイメージを覆すフレッシュなポップソングになった。

 ニシノユキヒコ役の竹野内豊は、「自分が感じたニシノユキヒコは、いつも満たされることのない虚無感を抱いている人間だと思ったのですが、そんなニシノユキヒコの人間性を表現するかのような、七尾旅人さんの切ない歌声は、この作品にぴったりだと思いました」と感想を。さらに「相手の逢いたいという気持ちに応えて、『君に逢いに行く』と最後に連呼している箇所があるのですが、そこは、相手の望んでいることを何でも叶えてあげたいと思う、まさにニシノユキヒコですね。素敵な音楽をありがとうございました」と具体的に言及した謝辞を述べている。

 井口奈己監督も、「ニシノユキヒコは男だから、エンディングには男性ボーカルの歌声が聴きたいと女性プロデューサーが言うので、その名前はすぐに思い浮かんだ。湘南の海で雨にあたりながら最前列かぶりつきで見た七尾旅人のシャウトしているのに囁いているような、そしてちょっと狂ってるみたいなあの歌声が、映画の最後に聞こえて欲しい。井の頭公園の池の畔で蚊に喰われながら、長い沈黙とズレがちな会話の後にポップな曲がジャンジャン出来るって言って聞かせてくれたタイトルもまだ無かった曲。予想を斜め上から超えてくる想像だにしなかった青春くさいポップソング。最高じゃん!」とコメントを。

 いっぽう七尾旅人は「お話を頂いた時に、ユキヒコとあまりにタイプが違う僕には荷が重いなと思ったんですが、井口監督の映画に対する情熱に打たれて参加させて頂くことにしました。最初はフィナーレの光景に合わせるかたちで1曲壮大なのを構想していたのですが、井口さんから「物語に沿わなくていいんです、元気な感じで終わりたい」とのリクエストを受け、何曲かの未発表曲をお聴かせして、自分としても新鮮な軽快さを持ったこの歌「TELE◯POTION」を録音することとなりました。映画館で観るのが楽しみです」と。

 映画「ニシノユキヒコの恋と冒険」は、2014年2月8日(土)ロードショー。12月21日(土)発売の前売券を先着購入特典として、限定20000名に特製ブックカバーとしおりのセットをプレゼント。

映画「ニシノユキヒコの恋と冒険」(http://nishinoyukihiko.com/
【STORY】
「今日でもう会えないのね」
「…ぼくはどうしていつもうまくやれないんだろう」
「全ての女の子の欲望に答えちゃうからでしょう」
ルックスもよく、仕事もでき、セックスもよく、女には一も二もなく優しい。
そして、女に関して懲りることを知らず、愛を求め続けた男、ニシノユキヒコ。
彼の周りにはいつも魅力的な女性たちがいた。
そして、ニシノは彼女たちの欲望をみたし、淡い時を過ごすのだが、女性たちは、最後には必ず自らニシノのもとを去ってしまう……。
彼を取り巻く女性達の思い出から、真実の愛を探してさまよったニシノユキヒコの美しく切ない人生が浮かび上がる……。

監督・脚本・編集:井口奈己
原作:川上弘美『ニシノユキヒコの恋と冒険』(新潮文庫刊)
出演:竹野内 豊/尾野真千子/成海璃子 木村文乃 本田翼/麻生久美子 阿川佐和子
制作プロダクション:ディーライツ
製作:「ニシノユキヒコの恋と冒険」製作委員会(東宝・関西テレビ・電通・毎日新聞社・研音・ギャンビット・KDDI)
配給:東宝映像事業部

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える