• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「生バンド歌謡ショー」で大盛り上がり!『HKT48 6フェス』2日目レポート

「HKT48 6フェス ~LOVE&PEACE!ROCK周年だよ、人生は...~」 誕生6周年を迎えたHKT48が、地元・福岡で11月24日~26日の3日間にわたり、6周年の“6”にちなんで「HKT48 6フェス ~LOVE&PEACE!ROCK周年だよ、人生は…~」を開催した。

 2日目となる11月25日の午前に開催されたのは「2期生ファンミーティング」。内容も出演メンバーもシークレットのまま、当日を迎えたイベントでしたが、2014年にSKE48に移籍した谷真理佳も駆けつけ、2期生 全14名によるトークショーを行った。

 懐かしい映像や2期生にまつわるクイズコーナーもあり、シークレットならではのトークで会場は大盛り上がり。そしてサプライズで「脳内パラダイス」公演を再演。谷は「3年7か月ぶりに帰ってまいりました!今日しかできない公演です、盛り上がっていきましょう!」と笑顔で盛り上げたが、最後の曲「草原の奇跡」では涙。「本当に2期生で良かったなって…本当に出れて良かった」と涙ながらに話した。

 最後に坂口理子は「今日のこの日を胸に、これからも先輩の背中を追いかけて、HKT48を盛り上げていける存在になっていけたらいいなと思います」とあいさつし、会場は温かい拍手に包まれた。

 夜は6周年祭のテーマである“ROCK(ロック)”にちなみ、生バンドを招いて「生バンド歌謡ショー」を開催。ロックフェスさながらに、福岡県出身のチェッカーズの「ギザギザハートの子守歌」やLINDBERGの「今すぐKiss Me」などのロックナンバーや、AKB48グループの楽曲をロック調にアレンジして披露した。また、メンバーも演奏に参加し、いつもの劇場公演とは違う盛り上がりを見せた。

 ドラム経験者の外薗葉月は「皆さんの前で叩くのは初めてで緊張しました」と話し、ギターを担当した矢吹奈子も「実は握手会の休憩時間もこっそり練習していたんですけど、皆さんに良いものをお見せできたんじゃないかなと思います!」と満面の笑顔を見せた。

©AKS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える