• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

シシド・カフカ&スカパラが初タッグ!ディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』日本版ED曲に起用

シシド・カフカ feat. 東京スカパラダイスオーケストラ 2018年3月16日(金)公開のディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』の日本版エンドソングを“シシド・カフカ feat. 東京スカパラダイスオーケストラ”が担当することが決定した。シシドとスカパラは今回が初めてのタッグで、ディズニー/ピクサーの音楽に初挑戦する。

 本作の主人公は、音楽が大好きなギターの天才少年ミゲル。しかし過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。大切な家族か、ミュージシャンになる夢を目指すか悩むミゲルは、名曲“リメンバー・ミー”を遺した伝説のミュージシャン:デラクルスの霊廟に飾られたギターを手に、先祖が家族に会いにくるという“死者の日”に開催される音楽コンテストに出る決意をする。

 だが、そのギターを奏でたことで、ガイコツ姿の先祖たちが暮らす“死者の国”に迷い込んでしまう。夢のように美しく、テーマパークのようにワクワクするこの世界で、祖母の祖母をはじめとする先祖たちのガイコツや憧れのデラクルスと出会うが、喜びもつかの間。早く元の世界に戻らないと大変なことに…。

 そんなミゲルに手を差し伸べたのは、正体不明のガイコツ、ヘクター。陽気だけど孤独な彼は、生きているミゲルに“ある願い”を託すため、ミゲルが無事に帰還できる方法を一緒に探す。だが、いつしか二人はミゲルの一族に隠された驚くべき<秘密>の存在と、何世代にもわたる家族の強い絆に気づく。そして、すべての謎を解くカギは、デラクルスの美しいバラード“リメンバー・ミー”に隠されていた…。

 「リメンバー・ミー」の作曲を手掛けたのは、『アナと雪の女王』の「レット・イット・ゴー」を生み出したロバート・ロペス&クリステン・アンダーソン=ロペス夫妻。日本版エンドソング「リメンバー・ミー」は、スカパラがアレンジした楽しく陽気なリズムとメロディ、そしてシシドの透き通るような歌声が一体となった、一度聴いたら忘れられない仕上がりとなっている。

 世界的にも注目度の高いディズニー/ピクサーの楽曲を手掛けることになったシシドは「信じられなかった。人生何が起きるか分からないですね!」と興奮気味。スカパラとの初タッグについては「一緒に楽曲アレンジメントできると聞いて、これは絶対に面白くなる!と思いました。この作品との出会いも含めて運命的なチームだなと思いました。とにかく早く皆さんに聞いていただきたいです」と。楽曲については「映画を観てから、あのメロディが頭から離れないんです。心に残るメロディラインというのを自分が歌えるそのわくわく感がすごく大きかったです」と語った。

 音楽を禁止されている主人公のミゲルについては「私もドラムを反対されていました。女の子なんだから、足開いて座って!なんて言われたり。4年間親を口説き落としたという過去があるので、音楽に対しての強い想いとか共感するものがありました。今は家族が一番のファンで一番応援してくれる存在なので、自分の家族の顔を思い出しながら映画を見ていました」と意外なエピソードも明かした。

 スカパラの茂木欣一(ドラム)は「ディズニー/ピクサー作品は『トイ・ストーリー』から大好きで、それからずっと見ていたのでものすごく興奮しました!本当に光栄です!」と喜びを語り、加藤隆志(ギター)はシシドとのタッグについて「この曲で出会えたのはすごく運命的!南米とスカパラの関わりもあるし、カフカちゃんの(メキシコ)生まれも」と。

 谷中敦(バリトンサックス)は今回のアレンジについて「スカパラらしさを持って、スカパラならではのアレンジにしようと、目いっぱいスカパラの気持ちで演奏させてもらいました。レコーディングもすごく楽しかった!」とレコーディングを振り返った。

 さらに茂木は「大切な仲間と一緒のころの記憶を思い出したり、すごくときめいたりしたことを、思い起こさせてくれる映画。すごく大好きな作品です!」と太鼓判を押した。

映画『リメンバー・ミー』
同時上映『アナと雪の女王/家族の思い出』
2018年3月16日(金)全国公開

監督:リー・アンクリッチ
共同監督:エイドリアン・モリーナ
製作:ダーラ・K・アンダーソン
製作総指揮:ジョン・ラセター

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

disney.jp/Remember-me

©2017 Disney/Pixar

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える