• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

新CMクイーンは武井咲!石川遼はV5達成

 メディアの調査・分析を行うニホンモニター株式会社が2013年1月から11月の『2013タレントCM起用社数ランキング』をまとめた。

 男性タレントではプロゴルファーの石川遼選手が12社起用で堂々の首位を獲得。これで2009年から5年連続CMキングの座についたとともに、SMAPの木村拓哉が持つ5連覇の記録に並ぶ快挙を達成した。
次いでランキング常連の俳優・向井理(11社)、元祖CMキングの木村拓哉(10社)、人気グループ嵐の櫻井翔(10社)、そして人気子役の鈴木福(9社)が上位に名を連ねる結果になった。

 また、ジャニーズ勢からはSMAPや嵐に加え、関ジャニ∞がじわりと起用社数を増やしてきており、3人がランクインを果たした。その他、今年の注目はアスリートタレントとして大人気の武井壮(8社)が。その独特な存在感を活かしてCM界でもブレイクし、結果を残した。

 女性タレントでは、男女総合トップの17社に起用された女優の武井咲がついにCMクイーンの座を獲得。同じオスカープロモーションに所属する剛力彩芽(12社)と共に、2013年のCM界を担う存在として活躍した。2位には去年のCMクイーン・篠田麻里子(15社)がランクイン。ローラ(14社)や、唯一無二の世界観を放つきゃりーぱみゅぱみゅ(12社)ら、独特なキャラクターを持つ2人が上位に。また、AKB48では、ぱるること島崎遥香(11社)が、在籍メンバーでトップの起用社数となった。

 2014年注目の男性タレントは、今年初ランクインを果たした西島秀俊(7社)やドラマ『半沢直樹』で一躍時の人となった堺雅人(5社)とアラフォー俳優が急上昇している。女性タレントでは、NHK朝ドラ『あまちゃん』で若き日の春子役を演じた有村架純が上期の2社からわずか半年で11社という異例のスピードで起用社数が激増。来年の活躍にも期待が高まる。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える