• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

指原莉乃「AKB48に入ってダントツに幸せ!」AKB48紅白対抗歌合戦で豪華コラボ連発

「第7回AKB48紅白対抗歌合戦」「第7回AKB48紅白対抗歌合戦」が12月10日、東京ドームシティホールで開催された。

 例年は各グループ混合で紅白それぞれの組を分けていたが、今年は紅組をAKB48・SKE48・NGT48、白組をNMB48・HKT48・STU48と東西のグループで分ける初の試みを実施。さらに、全ての楽曲が生演奏で披露された。

 序盤から、いきなりゲストとのコラボレーション。指原莉乃たっての希望として、モーニング娘。’17との共演が実現した。サシニング娘。としてリリースした楽曲「Get you!」などを披露し、幕開けから会場は大盛り上がり。いつもと違って緊張気味だった指原だが、パフォーマンス後には「AKB48に入ってダントツに幸せ!」と満面の笑みを見せた。

 さらに、NGT48が15周年目に突入した新潟のアイドルの大先輩Negiccoと、SKE48がチームしゃちほこと、NMB48がたこやきレインボーと共演。同じ活動拠点を持つアイドル同士の夢のコラボに、会場は驚きと熱狂に包まれた。

 続いては、一転して落ち着いたテイストに。STU48・瀧野由美子がサックスで「僕らの音楽」オープニング・テーマを披露し、アンプラグドでの対決に。AKB48が「恋するフォーチュンクッキー」をBOSSAバージョンで披露した他、各グループがしっとりと歌い上げ、観客もいつもと違ったパフォーマンスに酔いしれた。

 中盤は、大人のムードの対決。山本彩が稲垣潤一とのデュエット「過ち」を、中井りかはNGT48最新シングルに収録されたロス・インディオスとの「抱いてやっちゃ桜木町」をそれぞれ披露した。

 後半戦は、いつものライブとして各グループの最新曲で盛り上げた。また、渡辺麻友の卒業ソング「さよならで終わるわけじゃない」は、向井地美音と小栗有以が披露。2人は審査員として参加している渡辺麻友のそばに行き歌唱。途中、小栗が感極まって涙を流す場面もあったが、渡辺は「2人の姿が心に響きました。期待している後輩が歌ってくれて感動しました」と目を細めた。

 クライマックスは、AKB48グループの楽曲を離れてカバー対決に。フォークの名曲「なごり雪」を、松井珠理奈と小畑優奈がイルカ本人と同じくオーバーオール姿で披露。白間美瑠がロック曲「チェインギャング」を押尾コータローのギター演奏とともに力強く歌った。柏木由紀は「飛梅」をVOJA-tensionとコラボし、アカペラで披露した。

 ラストは、キャプテン対決。紅組キャプテンの横山由依は、栗本柚希と「Chandelier」を披露。2人のデュエットに会場は盛り上がったがが、歌唱後、栗本の推しメンが対戦相手の山本彩であることが判明するまさかの展開に。

 大トリは、白組キャプテンの山本彩が、榊いずみと「失格」を披露。迫力のギター演奏と熱唱は、大トリにふさわしい圧巻のパフォーマンスとなった。

 そして結果発表。今年は紅組が勝利し、通算成績を紅組3勝、白組4勝とした。最後は、今年も1年間応援してくれたファンに感謝の気持ちを伝えながら、「Happy Xmas(War Is Over)」を全員で歌って、2017年のAKB48グループとしてのコンサートを締めくくった。

©AKS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える