• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

嵐が快挙!オリコン最多6冠獲得で「15周年も突っ走る」

 2013年のシングル、アルバム、DVDセールスなどをランキングした「オリコン年間ランキング2013」が発表され、嵐が「アーティスト別トータルセールス」「作品別アルバム売上枚数」「同売上金額」など最多となる6部門で1位を獲得した。

 中でも総売上額141.9億円を記録した「アーティスト別トータルセールス」は09、10年に続く3度目の受賞となり男性アーティスト並びにグループ史上初の快挙。森進一、井上陽水、ピンク・レディー、TRFら大物アーティストの記録を塗り替える結果に。

 さらに、10月23日に発売したアルバム「LOVE」は2年ぶり通算4度目となる年間1位記録で、「年間ミュージックDVDセールス部門」を獲得した「ARASHIアラフェス」は09年から5年連続1位という前人未到記録の記念作となった。

 受賞の感想を求められた嵐は「音楽制作は良い音楽を皆さんに届けたいという一心でやっているので、これだけの栄えある賞をたくさんいただけたことが信じられません」(櫻井翔)、「このような受賞の場に呼んでいただけるのは周りで支えてくれるスタッフの力、応援してくださるファンの方のお力添えあってのこと。皆さんでとった賞だと感じています」(二宮和也)、「非常にうれしく思います。嵐だけでなくファンのみなさん、スタッフの皆さんのおかげ。これからも新しい音楽を歌っていけたらと思います」(大野智)、「非常に晴れやかな気持ち。ファンの皆さんに感謝していますし、今後もより良い音楽を作っていけるようにメンバー、スタッフと一歩一歩進んでいきたい」(松本潤)、「ただただ感謝でしかありません、嵐の音楽を聴いてくださった皆さんに感謝です」(相葉雅紀)とそれぞれ喜びを語った。

 また、2013年を表す漢字を聞かれると「昇」(櫻井)、「集」(二宮)、「新」(大野)、「磨」(松本)、「幸」(相葉)を挙げ、振付のために初めて5人で渡航したというNYでのエピソードや、2年連続の24時間TVパーソナリティー抜擢などの話題で1年を振り返った。

 来年で結成15周年を迎える嵐。大野から「今年に続いて15周年もまたライブができたらと思いますし、新しいパフォーマンスをしていきたい」という抱負が語られると、相葉も「ファンの皆さんと一緒に過ごせる時間を来年もたくさん作れたらいいなと思います。まだ15周年なので振り返るのにはまだまだ早い。突っ走っていけたらと思います」と力強い意気込みを。

 最後に「うぃっす!」とポーズを決めてメンバーから総つっこみを受けるなど、変わらない“嵐のチームワーク”を見せ報道陣を沸かせた。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える