• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

バナナマン日村勇紀、オリジナル賞レースで爆笑「欲しくて欲しくてたまらない」『日村がゆく』12・13放送

『日村がゆく』 無料インターネットテレビ局・AbemaTV(アベマティーヴィー)の「AbemaSPECIALチャンネル」で、『日村がゆく』#33が12月13日(水)に放送される。

 この番組は、世にはびこるバラエティの定番を超えるべく、バナナマンの日村勇紀が体を張ってバラエティの“新定番”を開拓していくバラエティ。日村が毎回与えられたテーマに沿って、バラエティに使えそうな新しいネタや可能性を探っていく。

 12月13日は、「キングオブコント」や「M-1グランプリ」に負けない『日村がゆく』オリジナルの賞レースを開催。“女のデブネタグランプリ”や“笑いに繋がらない特技グランプリ”など、多彩なジャンルの賞レースを行い、日村が審査員となって未来のスターを発掘する。

 最初に行った賞レースは“女のデブネタグランプリ”と題して、デブを生かしたネタをやっている女性芸人のナンバーワンを決定していく。「女芸人さんって、みんなから愛されるイメージがあるからね。同性から特に愛されなきゃいけない」と語る日村にネタを披露したのは、オーディションを勝ち抜いた3組の女性デブ芸人。

 1組目は、自称“日村チルドレン”のお笑い芸人・くまりえが水着姿で現れ、“デブと裸”のコラボレーションネタを披露する。2組目のどんぐりパワーズは、先日行われた女芸人No.1決定戦「THE W」の決勝戦まで勝ち残った期待の新星。コンビ2人共が“デブ”という体形を生かしたコントにスタジオは大爆笑。日村が「欲しくて欲しくてたまらない」と、思わずクセになってしまう爆笑コントとは。3組目のハニートラップは、体重108キロという巨漢の女性・八木と、細身の男性・梅木が男女のコンビにしかできない体を張ったコントで勝負を挑む。

 続いて行った賞レースは“笑いに繋がらない特技グランプリ”。せっかく特技を身に付けたのに、全く笑いにはつながらなかった芸人の特技ナンバーワンを決めていく。村上ショージの娘であるバターぬりえは、そのビジュアルからは想像がつかない華麗な特技を披露。そして、この特技を身に付けるまでに至った、大学時代の奇妙な体験談を明かす。その衝撃的な内容に日村も驚きを見せる。

 また、メイプル超合金やにゃんこスターなどをいち早く見いだした伊集院光に今一番かわいがられていると自負する芸人が、渾身の特技を披露。日村が「何これ、何これ」と爆笑したすごい特技とは。

AbemaTV『日村がゆく#33~賞レースの新たな夜明けを見つける巻~』
放送日時:12月13日(水)夜9時~10時
放送チャンネル:AbemaSPECIAL チャンネル

放送URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/DgvrUqVYeXBkxo

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える