• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

明日最終回!『明日の約束』遠藤健慎、金子大地、渡邉剣、堀家一希が自身の“約束”を語る!

遠藤健慎 ©カンテレ

遠藤健慎 ©カンテレ

 明日(12/19)に最終回を迎えるドラマ『明日の約束』(カンテレ/フジ系)で椿ヶ丘高校の男子生徒を好演したネクストブレイク必至の金の卵たちが、自身の今後の“約束”を語った。

 まずは連ドラ初出演ながら、物語の発端となる第1話のキーマンとしての役どころを見事に演じた吉岡圭吾役の遠藤健慎。「ここまであっという間で、自分の中で一番濃い3か月でした。将来、学校を舞台にした作品に出演したら、今回のことを思い出すのだろうと思います」と感慨深げ。主演の井上真央からは「シンシン」というあだ名をもらったと喜ぶあどけない一面も残しつつ、「繊細な心理描写が求められる役を経験し、自分自身、芝居において細かい違いを認識できるようになりました。人の内面を最優先に考えるようになったり、台本を読む時の感覚も変わりました」と成長を口にする。

 圭吾役をどのようなタイプのキャストにするか悩んでいたという番組プロデューサーは、遠藤の第一印象を「とても自然で好青年」と感じたという。物語上、まさか自殺するとは想像できない意外性が狙いだったこともあり、「あまり影のようなものを感じさせず、ナチュラルだった遠藤さんにお願いすることにしました」と経緯を語る。そして、その期待に見事応えた遠藤に「“この世でいちばん謎が残る死”のキャッチコピーのとおり、“なぜ?”と感じさせる雰囲気作りや芝居を存分にして頂けました」と語る。

 憧れの役者に小栗旬や山田孝之の名を挙げる17歳。「将来どんな作品に出ても、一切、妥協せず、後悔しないように、できることは本番が始まるギリギリまでやる…そんな役者になりたいです」と“明日の約束”を語った。

 
>>>>>金子大地、渡邉剣、堀家一希の“約束”とは?>>>>>>

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える