• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ふなっしー「有馬は2-7-4の“ふなっしー”馬券で当てるなっしー」


 12月22日(日)に行われる今年最後の競馬の祭典「第58回有馬記念」が開催される中山競馬場(船橋市)にちなんで「有馬記念前哨戦!?真の船橋タレント決定戦」が12月19日(木)に有楽町駅前広場で行われ、千葉県船橋市の非公認キャラクター・ふなっしーと、船橋市出身のお笑い芸人・ペナルティが出席した。

 イベント開始直前に発表された有馬記念の枠順を参考に、ふなっしーとペナルティが“日本一早い有馬記念予想対決”を敢行。1番人気のオルフェーヴルの優勝を予想したワッキーに対し、ふなっしーは中山競馬場の“ナカヤマ”を冠に持つナカヤマナイトを軸に、馬番「2ヴェルデグリーン・7タマモベストプレイ・4ウインバリアシオン(274でふなっしー)」を勝ち馬に上げ、船橋愛を感じさせる予想を上げた。さらにタレント決定戦ではヘッドバンキング対決とジャンプ力対決も行われ、ふなっしーが1勝1分けで勝利を収めた。

 最近、中山競馬場に呼ばれることが増えたというふなっしーは「家族やカップルで笑顔があふれていて、すごく良い場所だったなっしー。それに今はクリスマスイルミネーションもキレイなのでぜひ、みんなで有馬記念を楽しんでほしいなっしー」とコメント。ヒデも「競馬ってすごく、ロマンとか決闘とかがあって難しいかなとか、ちょっと女性は…って思いがちかもしれませんが、全然楽しめますのでぜひ会場に足を運んでいただきたい」とPR。ワッキーは有馬記念の無事終了を願って念を送った。

 年の瀬ということもあって今年を振り返ったふなっしーは「本当にありがたい1年だったなっしなー。何もない梨に飛べる力を与えてくれたのは皆さんの笑顔と応援だけでした。嬉しかったなっしー」と感謝のメッセージを送った。

 そんな、今年大活躍のふなっしーに対し、ペナルティは「今日は対決とか言ってるけど、本当は乗っかりたい! 今日だってふなっしーさんからいただいたバーターですよ(笑)」とふなっしーに感謝していた。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える