• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

武井壮が最強筋肉美女を率いて『超!超人女子』に参戦「想像を絶する熱さ」

©テレビ朝日

©テレビ朝日

 肉体を鍛え上げた美女たちが対決するテレビ朝日のスポーツバラエティ『超人女子』((木)深1・26)。そのスペシャル版が『超!超人女子』と題し、12月29日(金)深夜0時20分より放送される。

 今回は、初の団体戦を実施。武井壮率いる最強軍団として北京五輪新体操日本代表の坪井保菜美、エアロビクスワールドカップ優勝の北爪凜々、女子プロ野球の加藤優、アイドルでプロレスラーの才木玲佳、陸上七種競技の西村莉子、ボディビルの福島麻里、モデルの福田萌子が参戦する。

 迎え撃つ超人女子選抜チームには、番組内競技でも活躍している陸上七種競技の津吹アイリや総合格闘技の杉山しずかのほか、モデルでブラジリアン柔術の東あずさ、パーソナルトレーナーの田上舞子、モデルの宮河マヤ、ポールダンサーの坂井絢香、自称“腹筋女子”の渋谷美穂が集結。両チームは「腹筋」と「ハムストリング」の2競技で戦いを繰り広げる。

 武井は「今回、初めて自分のチームからファイターを出すという選手を使う立場になって、その難しさを感じるところもありましたが、選手たちはそれぞれの分野で鍛えてきた能力を思う存分発揮してくれたし、みんな見せ場を作ってくれましたね」と選手たちをねぎらい、「番組はこれまでテレビで見ていましたが、実際に生で見ると想像以上にハイレベルで、バラエティーではなくスポーツの選手権を見ているような興奮を味わえました。選手も涙あり、笑顔あり、作戦会議ではピリッとしたムードもあり、想像を絶する熱さでしたね」とコメント。

 実況・解説役のますだおかだ・岡田圭右は「皆さんいろんな看板を背負った中での、肉体のシンプルな戦い、人間の体の極限のぶつかり合いですから、女の戦いを超え、人と人との戦いとして十分に見ごたえがありました。新体操、ポールダンサー、野球など、違う競技の選手たちがぶつかり合うおもしろさは、『モハメド・アリ対アントニオ猪木』以来の異種格闘技戦のよう(笑)。楽しめますよ!」と興奮気味に語っている。

<武井壮コメント>

 非常にエキサイティングな戦いで最高に楽しかったです。今回、初めて自分のチームからファイターを出すという選手を使う立場になって、その難しさを感じるところもありましたが、選手たちはそれぞれの分野で鍛えてきた能力を思う存分発揮してくれたし、みんな見せ場を作ってくれましたね。
 番組はこれまでテレビで見ていましたが、実際に生で見ると想像以上にハイレベルで、バラエティーではなくスポーツの選手権を見ているような興奮を味わえました。選手も涙あり、笑顔あり、作戦会議ではピリッとしたムードもあり、想像を絶する熱さでしたね。
武井最強軍団の注目メンバーは、僕と同じ陸上畑から連れてきた、七種競技の西村莉子。彼女のフィジカルの強さは超人女子に負けないものがあるので、ぜひ注目してください。それから、エアロビクスの世界チャンピオン・北爪凛々のしなやかな身体能力の高さ、新体操元日本代表・坪井保奈美の手足の長さを生かしたパフォーマンスも必見。プロレスラーの才木玲佳も、バラエティー班なのかと思いきや、とんでもない能力を発揮してくれていますので、ひそかに注目していただきたいです。

<岡田圭右コメント>

 皆さんいろんな看板を背負った中での、肉体のシンプルな戦い、人間の体の極限のぶつかり合いですから、女の戦いを超え、人と人との戦いとして十分に見ごたえがありました。新体操、ポールダンサー、野球など、違う競技の選手たちがぶつかり合うおもしろさは、「モハメド・アリ対アントニオ猪木」以来の異種格闘技戦のよう(笑)。楽しめますよ!
 注目は七種競技の西村莉子選手。武士道を感じさせる、一人ちょっと抜きん出た存在でした。あの完ぺきな肉体は見ものです!
 番組の見どころは、漢字一字で「驚」! 驚きの連続ですので、ぜひお見逃しなく!

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える