• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「恐怖心はなかったが…」今季2000本安打を達成したミスタータイガース・鳥谷敬が戦慄の顔面死球について語る

©カンテレ

©カンテレ

 カンテレのスポーツ番組『コヤぶるッ!SPORTS』の大みそかSP(12/31放送)に、阪神タイガースの鳥谷敬選手が緊急出演する。

 鳥谷は12月下旬、カンテレ本社で、阪神タイガースファンで番組MCの小籔千豊、アシスタントの本田望結、野球大好き芸人のシャンプーハット・こいでと対面。今シーズンを振り返ったほか、家族のことやプライベートについてトークを繰り広げた。

 今シーズン、5月に甲子園で顔面に死球を受けた鳥谷。鼻骨を骨折したことについて「痛みはそんなになかった。気づいた時には球が当たっていたので、恐怖もなかった」と球場が騒然となったあの瞬間について言及。また、翌日フェイスガードをつけて試合出場した時も「休むという感覚はなかった。鼻血は3日間ずっと出ていた」と語り3人を驚かせたが、一方で「恐怖心はなかったが、次の日の打席を(VTRで)見たら体は逃げていましたね」と笑わせた。連続出場にこだわる理由については、「毎日休みたいのは休みたいけど、休むと自分のポジションがなくなる可能性がある。試合に出ている姿を家族に見せたい」とストイックに語った。

 また、番組タイトルにちなんで「今年一番家庭で“ぶるッ”としたことは?」と聞かれると、「息子が○○○○と言った時」と明かし、父親としての顔も垣間見せた。ほかにも、“2000本安打達成について”“2016年は成績が落ち込んだにも関わらずどうやって這い上がったのか?”など、これまであまり多くを語らなかった鳥谷が、番組で小籔らに本音を激白する。

 この模様は、カンテレにて12月31日(日)後3・55から放送。(※関西ローカル)

【鳥谷敬選手 収録後コメント】
Q.収録を終えての感想をいただけますか?
「球場にはない独特の緊張感で、雰囲気も良くて楽しかったです。喋りやすかったですね。本当にいろんなところで活躍している人と話せるのはすごく自分としても楽しいし、いい経験になったと思います」

Q.本田望結さんと、同じアスリートとしてお話してみていかがでしたか?
「本当に年齢も若いのに、スポーツだけじゃなくて話も気遣いもしっかりしていて、逆に自分もしっかりしなきゃなと、より感じました」

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える