• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

大地真央、瀧本美織と共に“尊敬する大上級生”越路吹雪さんの記念碑を参拝 1月8日より『越路吹雪物語』がスタート

(C)テレビ朝日

(C)テレビ朝日

 テレビ朝日系帯ドラマ劇場『越路吹雪物語』(1月8日スタート(月)~(金)後0・30)に出演する大地真央と瀧本美織が昨年12月、東京・善福寺にある歌手の越路吹雪さんの記念碑を参拝した。

 宝塚歌劇団の男役トップスターとなり、退団後は名曲「愛の讃歌」などをカバーして“日本シャンソン界の女王”と呼ばれた越路さんの波乱に満ちた生涯をドラマ化。越路さんの絶頂期を同じく宝塚の男役トップスターだった大地が、青年期を瀧本が演じる。

 大地は真紅のバラの花束、瀧本はブランデー&タバコと、越路さんが愛したものをそなえて手を合わせた2人。大地は「越路吹雪さんは尊敬する“大上級生”。長所も短所も含めた越路吹雪さんの魅力を表現できるよう、そして人間味あふれる河野美保子さん(=越路さんの本名)を演じられますようにという気持ちでお参りさせていただきました」。瀧本は「今、たくさんの方に支えられて楽しく撮影していますので、どうか温かくお見守りください、と越路さんにお伝えしました」と、天国の大スターに熱演を誓った。

 また、この日が初対面となった大地に瀧本は「大地さんは宝塚時代、普段から足を開いたり、男っぽい歩き方を心がけていましたか? 私は最近、パンツスタイルだと勝手に足が開いていることが多く、自分でも衝撃を受けたので…(笑)」と熱心に質問。大地は「あえてそうしようとは思っていなかったのですが、気がついたらそうなっていましたね! 映画を見てもミュージカルを見ても、自然と男優さんを追っている自分がいて、男の人のちょっとしたしぐさにばかり目がいっていました」と当時を振り返って答えていた。

(C)テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真