• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

10年後のシンジとマサルに「キッズ・リターン」の金子賢「映画として面白かった」

Blu-rayジャケット(C)2013 『キッズ・リターン 再会の時』製作委員会

 青春映画の金字塔「キッズ・リターン」の正当なる続編として、2013年10月12日に全国公開された映画「キッズ・リターン 再会の時」。1996年カンヌ国際映画祭正式招待作品で、国内で異例のロングラン上映を記録した「キッズ・リターン」公開2年後に、ビートたけし本人によって発表された短編小説「キッズ・リターン2」を原案に、「ソナチネ」「キッズ・リターン」「HANA-BI」など北野作品6作品で助監督を務めた清水浩が監督を務めた。

 シンジ役を務めた平岡祐太は、3か月以上にも及ぶ本格なボクシング・トレーニングを積み、これまでのイメージを払拭する鋼のような身体とボクシング技術を身につけて撮影に挑んだ。マサル役の三浦貴大もまた、濃厚でやわらかな印象を覆すヤクザ役を見事に演じきった。落ちこぼれ同級生から大人へと成長した二人が挑む“人生のリターンマッチ”を描いた友情と決意の感動作。

 映画史上でも類を見ないほどリアリティを持つボクシングシーンも評判で、シンジの対戦相手には、第22代WBA世界スーパーバンダム級王者・佐藤修、第25代OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者・升田貴久、第29・34代日本スーパーバンダム級王者・木村章司、第35代日本スーパーライト級王者・和宇慶勇二ら日本が誇る名チャンピオンたちが出演。

 Blu-ray&DVD共通の映像特典には、メイキングとして、130日にも及ぶ本格的なトレーニングに挑んだ平岡祐太、そして初のヤクザ役を果敢に演じてみせた三浦貴大、さらに前作スタッフも多く参加した今回の挑戦に密着した感動ドキュメンタリー「再会への挑戦」を収録。第32回バンクーバー国際映画祭、第29回ワルシャワ映画祭で上映されただけあって、ON/OFF可能な英語字幕となっている。

 前作でマサルを演じた金子賢も「17年前に自分が出演させて頂いた『キッズ・リターン』の続編だからということではなく、映画として純粋に面白かった。僕にとっては、とても大切な作品だし、とても大切な役だったので、こうしてまた、『キッズ・リターン』を、大人になったふたりを見れて本当に感無量です。僕にとっても再会の時になり、とてもうれしく思います」とコメントを寄せている。

「キッズ・リターン 再会の時」Blu-ray&DVDは、2014年4月25日(金)発売(Blu-ray4800円+税/DVD3800円+税)。

「キッズ・リターン 再会の時」公式サイト(kidsreturn-saikai.com
【物語】
落ちこぼれのシンジとマサルは高校卒業後シンジはボクシング、マサルはヤクザの道を選んだ。
互いに頂点を目指し、別々の世界に飛び込んだが、理想と現実のギャップ、越えられない壁にぶつかり挫折。
そして10年が過ぎたある日、アルバイトに明け暮れるシンジと、刑務所から出所したマサルが運命の再会を果たす―。
「見返してやろうぜ!」
互いのくすぶっていた心に火がついた二人は、人生をかけた勝負に出る――!

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える