• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

数々の伝説を残した夢のアスリート対決が再び!

 トップアスリートたちが競技の枠を超えてスペシャルマッチを繰り広げる「THE GOLDEN BATTLE 2013 絶対にありえない究極のスペシャルマッチ」(フジテレビ系)が12月24日(火)後10・00から放送される。

 第3弾となる今回は、プロゴルファー横峯さくらVSサッカーなでしこジャパン・川澄奈穂美の「ショット・ボウリング」対決をはじめ、サッカー日本代表の柿谷曜一朗率いるセレッソ大阪と女子高校生によるサッカー対決、番組恒例となったソフトボールVSプロ野球、そしてボクシング・亀田興毅VSテニス・杉山愛の対決と4つの戦いを展開する。

 ソフトボールVSプロ野球は、過去の対決でプロ野球チームが連敗した結果を受け、“古田JAPAN”チームを牽引する古田敦也がこれまでの対決からすべての配球パターンを研究するという気合の入れよう。“打倒・上野由岐子”宣言を掲げ、3イニングで得点ゲットを狙う。

 現場で白熱の戦いを見届けたMCの田村淳は「始まる前のピリピリ感はすごかった…」と話し「プロ野球選手からは“絶対、こいつの球を打ってやろう!”という気概が沸々と湧いているのを感じました。一方の上野さんは、相手をリスペクトしながらも“絶対、この人たちには打たせない!”という気迫がすごかったですね」と“本物”たちの戦いに興奮気味。

 また、印象に残った対決を聞かれると「ゴルフの横峯さんとサッカーの川澄さんの対決」を挙げ、「横峯さんの“負けたくない”という気持ちが前面に出ていたり、勝負が終わって安堵した表情とかすごく印象に残りました」と普段なかなか見られないアスリートたちの表情も楽しめたようだ。

 さらにスタジオではテリー伊藤、山村紅葉、ビビる大木、鈴木奈々のパネラーたちが一夜限りの対決を見守る。VTRを見て対決の行く末を予想するなど、大盛り上がりだったスタジオを振り返った田村は「アスリートという磨き抜かれた精神力と肉体を持っている人が真剣に新しい種目に取り組むと、こんなに新しいエンターテインメントが生まれるんだなと。鈴木奈々でも分かる簡単なルールですし、あいつが理解しているということは日本中の全員が理解できていると思います(笑)」とスポーツ好きのみならず楽しめることを約束した。

「THE GOLDEN BATTLE 2013 絶対にありえない究極のスペシャルマッチ」(フジテレビ系)は12月24日(火)後10・00から放送。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える